法人カードのメリット、新設法人でも作りやすい法人カード

 

会社をやっていると、カードで支払いをした際に、

経費にはどうやって計上したらいいのかな?

と気になることがありますよね。

 

そんな時に役立つのが法人カードですよね♪

 

この法人カードの利便性(メリットやよさ)についてや、

カードの作り方等(審査に通りにくい方(新設法人含む))、

そして、それぞれのカードの特徴についてまとめてまいりました。

 

 

法人カードのメリット

それでは法人カードを持つべき○個の理由についてみてまいりましょう!

 

 

1.経費をまとめるのが簡単

 

これは本当に楽になります。

 

これまでは領収書をまとめて、紙に張り付けて、

弥生会計(会計ソフト)に打ち込んで、会計書類にまとめる、

という作業をおこなっていたため、

領収書が多いと事務のこにぶーぶー言われないかなと、

ちょっと申し訳ない気持ちになりながら受け取っていましたが、

人カードがあるとその経費ががすべてカードの明細書と一緒に

引き落とされるため、非常に会計処理が簡単になります。

 

つまるところ、会計処理の手間が楽になるため、

必要な工数が減ります。

 

 

つまり経費が削減できてしまうということですね♪

 

さらに、領収書をもらう必要がなくなるため、

支払いがスマートになります。

 

誰かに振る舞う際に領収書をもらって、

とやっているとちょっとカッコ悪いなぁ、

なんて思われるひつようがありませんからね。

 

 

スマートなビジネスマンを演出するのに、

非常に良いアイテムと言えますよね ^^

 

2.キャッシュフロー(資金繰り)が良くなる

 

これも経営上非常に重要なことですよね。

 

経費を支払った後、実際の引き落としは1カ月後、

その間金利がつくわけでもなく、むしろポイントが付きながら、

キャッシュフローが良くなるという、

経営者には願ったりかなったりな点ですよね ^^

 

 

ただし、使った費用は覚えておかないと、

引き落としのタイミングで

「えっ!?こんなに引かれるの!?」

と驚くことになりますので気を付けてましょう。

 

 

3.個人と法人の区別が明確になる

 

これは管理があまり得意ではない方であれば

非常に嬉しいことではないかと思います。

 

個人の支払いは個人のカード、

法人の支払いは法人のカード、

当たり前のようでも、自分のカードで支払った後、

ぐちゃぐちゃになってしまって整理に時間がかかってしまう、

等ということになっている方がいらっしゃります。

 

 

ぜひ法人カードを作って、

無駄な経費削減と、資金効率の向上を図り、

よりま仕事に専念してまいりたいものですね♪

 

 新設法人でも法人カードって作れるの?

法人カードの良さは十分かっていただけたかと思いますが、

「それなら早速作ってみよう」となる前に、

法人カードも審査があるため、全法人が持つことができるわけではありません。

 

 

実際にカードを作るために必要なものがあります。

それは「信用」です。

 

そのため、新規で設立したばかりの法人では、

信用が浅いこともあって、審査に落ちてしまい、

法人カードが持てない、ということもあり得ます。

 

そのため、新規設立の法人が狙うべきカードは

「法人の代表取締役の信用を審査の際に考慮してくれる会社」

の発行するものであります。

 

 

そんな法人カードをまとめてみましたので、

良かったらご参考までに ^^

 

 

ちなみに、私も2枚ほど持っておりますので、

1枚目ができたら2枚目を作ってみてもよいかもしれませんよ♪

 

【おすすめのカード会社はこちら】

  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club
  • クレディセゾン

 

 

審査には少し時間がかかったりしますので、

いくつか並行して申し込んでみるのがよいかもしれませんね!

 

コメントを残す