200名のLINE@登録者を1か月で獲得したツイッター集客方法について

2018年に入ってからLINE@を始めまして、
今現在の登録者数が423名となりました(^ ^)

 

それも、4月12日までは10名となっていまして、
ほぼ登録者等獲得できていない状態だったのですが、
4月12日にとあるツイッター集客の専門家から、
指導をいただいたところ、

4月は45名
5月は76名
6月は141名
7月は本日20日時点で155名

となっています。

 

また、直近30日での登録者数は
207名となりました(^ ^)

 

このまま無料オファーアフィリエイトなどを流せば、
20~30万(1カ月で)ほどはいくでしょうから、
一番初めに何をしていいのか分からない、
という方は

『ツイッター → LINE@』

とLINE@に読者さんを集め、
アフィリエイトをする、というだけでも、
生活できるレベルの収益を稼ぐことは
十分可能かと思います(^ ^)

 

さらに、一か月で200名となれば、
半年で1200名、1年間で2400名
登録者となりますので(しかもLINE@)、
その影響力は高いと思いますよ💡

 

そこで、今回の記事ではそのTwitterから
ライン@への集客方法について
お話をしてまいりたいと思います。

 

1.ツイッターの集客方法について

ツイッターからの集客の方法は、
色々とありますが、どれも一長一短、
パーフェクトな集客方法というものはありません。

 

そのため、何を重視するかで、
集客手段・方法を選択するのが良いかと思います。

 

まず、LINE@に登録をしていただくためには、
LINE@登録のURLをクリックしていただく
必要があるわけです。

つまり、どこかにこのURLを載せておく必要がある、
ということになります。

 

ツイッターでURLを載せるとしたら
以下の「3パターン」しかありません。

(1)プロフィール欄の中にURLを記載

(2)ツイート文の中にURLを記載

(3)DM(ダイレクトメッセージ)内にURLを記載

 

ツイッターを使ったことがある方であれば、
イメージできるんじゃないかと思いますが、

『(1) → (2) → (3)』

の順番でフォロワーさんや
アカウント訪問者さんの認識度が高まると同時に
「うざい」と思う度合いが強くなります。

 

一つずつ順番に見ていくと、、、

プロフィールに書いてあるくらいだと、
プッシュ型(積極的な営業をしている状態)ではなく、
プル型(相手が見てくれるのを待つ状態)となっています。

ツイート文に書くのはプッシュ型ですが、
タイムラインでがーっと流れていくので、
弱めのプッシュ型、

DMを送るのは相手のメールボックス(?)へ
直接ご案内を流すので、完全なるプッシュ型となります。

 

これらは求める効果によって
使い分けする必要があるわけです。

 

ちなみに、ツイッターの「フォロワー数」って、
その人の人気度を測る一つの数値になります。
(あくまでツイッター上での人気)

 

しかし、(3)のようにDMを打ちまくっていたら、
うざい、と思われてフォローを解除、
なんてことも起こりえます。

 

(2)のようにLINE@登録してね!
とばかりツイートしていたら、
それもそれでフォロー解除されやすいわけです。

 

しかし、LINE@の登録者数を伸ばそうと思えば、

(1)ではあまり反応が取れず、
(2)で少し反応が取れ、
(3)でしっかりと反応が取れる、

というレベルになってくるわけです。

 

なので、育てようと思っている(ブランディング用)
ツイッターアカウントがあるのであれば、
そちらではDMは送らず、集客用のアカウントで、
DMを送っていく、ということをする、
という使い訳をしてみるとよいかと思います。

(ブランディング用アカウントでDMを送る、
ということがもちろん一番ライン@登録は
促しが強いとは思いますが)

 

2.ツイッター集客数を決める2つのパラメーター

ツイッタ-でDMを送る、
という集客手段を選択した場合、
集客数を決めるパラメーターはたったの2つとなります。

 

それは

「DMの送信数」

「DMの登録率」

の2つです。

 

登録率が10%のDM文章が出来上がれば、
単純に100名にDMをしたら、
LINE@の登録者数が10名増える、
ということになります。

(10%の登録率ってかなりすごいですがw)

 

もし登録率を20%に高めることができたら、
単純に登録者数の増え方が2倍になります。

 

もしくは、登録率が変わらなかったとしても、
DM送信数を200名に増やしたら、
単純に登録者数の増え方も2倍になるわけです。

 

登録者数を決めるパラメーターはこの2つのみになります。

 

つまり、たくさんの方に、
良質のDMを送ること、
これがツイッター集客のすべて、
ということになります。

 

また、DMの文面を見た後、
あなたならどうしますか?

 

「即座に登録をする」

という方もいるかと思いますが、
気になったらおそらく
アカウントをチェックしますよね???

 

なので、アカウントの作りこみも
ある程度必要になります。

・プロフィール文
・アイコン画像・背景画像
・ツイート内容

といったことを作りこんで、
何を伝えたいのか、何を感じてほしいのか、
これを考えてアカウントを作る必要があります。

 

こういったこともDMの成約率を上げる
ポイントの一つになります。

 

そのほか、DMをたくさんの方に送るための方法や
どんなDMがツイッターではウケるのか、
ということについても工夫をする必要がありますが、
上記内容を理解できていれば、
あとはトライアンドエラーを繰り返すと、
どんどんLINE@の登録者数が増えていきますよ ^ ^

 

もちろん、メルマガのリスト取りでも同様ですね。

ぜひ、アフィリエイト初心者の方は、
一つずつ試してみてください ^ ^

神田翼メールマガジン

【 神田翼 公式LINE@ 無料登録 】

インターネットだけで稼ぐノウハウや、会社に頼らない収入の作り方、実践して初月からノウハウや仮想通貨をノーリスクでかつ無料で手に入れるノウハウ等、有益な情報を配信しています ^ ^




【スワップアービトラージ実践マニュアル】


FX未経験者でも「実践初日」から、 毎日毎日「日給」のような利益が出る 「スワップアービトラージ」の実践マニュアルを 「無料」でお配りしています^^

コメントを残す