ギャンブルは絶対しない、挑戦をしよう

「挑戦」というのはあなたの人生を
エキサイティングで、かつ魅力的なものにするとともに、
自己実現をするチャンスを与えてくれるものです。

 

一方で、「ギャンブル」というものは、
あなたの人生をどん底に突き落とし、
あなただけじゃなく、家族や恋人、友人知人など
大切な人の人生をも破壊しかねない大変なものです。

 

人は「挑戦する」という言葉を使いながら
「ギャンブル」をしてしまいます。

結果、ギャンブルに勝てればよいのですが、
その多くの人が不幸になってしまうのです。

 

今回の動画・ブログ記事では、
「挑戦」と「ギャンブル」の違いを解説するとともに、
正しい「挑戦」の仕方についてお話してまいりたいと思います。

 

 

挑戦は「可能性を試すもの」、ギャンブルはただの「神頼み」

 

「人生をかけた挑戦をする」

というのはたいていギャンブルである可能性が高いです。

 

志を持って仕事をすることは大切なことですし、

『リスクがあるからリターンがある』

という考え方はまさしくその通り、
正論です。

 

私も金融の世界にいたので、
この考え方は嫌いじゃありません。

 

でも、リスクとリターンの比率って
実は50:50(半々)ではないんです。

 

金融の世界ではリスクリターンは一定ですが、
ビジネスの世界はそうじゃないんです。

 

お金持ちになろうと思って、
カジノに乗り込む人っていませんよね?

(中に入るとは思いますが、、、汗)

 

でも、成功確率の低いビジネスやプランで
挑戦をする人は、ただただ単純に
期待と夢に胸を膨らませつつカジノに行く、
ただのギャンブラーと一緒です。

 

でも、ビジネスってそうじゃないですよね。

計画があって、プランがあって、
そのうえで挑戦をするものです。

 

だって、成功確率が50%なのであれば、
それって努力で60%にも70%にも
ほぼ100%にもできるものだからです。

 

正しい挑戦の仕方

 

ビジネス・起業をしようと思うのであれば
あなたの成功確率を下げているもの、
これを見つけだして、つぶせばいいわけです。

 

飲食店を経営することを考えるのであれば、
一番ネックになるのが初期の出店費用ですよね。

 

神田の元従業員の実例で、
銀座のクラブを出店した女性がいますが、
テナントの補償金をゼロにしてもらい、
初期投資をかなり減らしたという話をしていました。

 

さらに、オーナーを自分を含め3名にして、
初期投資分のリスクを減らして、
しかも集客のできる人間をオーナー(兼 共同経営者)にしたから、
「初月で初期投資分を回収した」そうです。

・初期投資資金を投じるリスクを抑える

 ⇒保証金費用を減らす。
  毎月の家賃を10万上乗せして、
  保証金分に充てているそうです。

 ⇒出資者・共同経営者を入れることでリスクを減らす。

 

・集客のリスク

 ⇒既にお客さんを持っている人を共同経営者側に入れる。

 

といった形で、リスクを限りなく低くし、
事業を初月から安定運航しだしたようです。

※初月はご祝儀代わりにお店に行く人も多いので、
特に売り上げは上がり安いということもありますが。

 

いつの間にか、元従業員の方が
下手したら神田よりも稼いでいるんじゃないかと、
気になってはいますが、素晴らしく有能なホステスさんでした。

(昔お世話になった社長に
事務員として迎えいれろと圧をかけられ
採用した元事務員の子ですが、少しだけ休憩をして、
また夜の蝶として羽ばたいていきました ^ ^ )

 

通常飲食店経営なんて全然お勧めしませんが、
これを聞いて関心しっぱなしでした。

 

やはり業界経験があることは必須ですが、
ビジネス上のリスクを減らす工夫を取り入れることで、
失敗しようのない状況を作ったわけです。

 

もちろんそれでも事故にあったり
(その子は1年に2回交通事故にあったことがあるので、
実はそのリスクの方が意外と高い気がしているのですが、、、苦笑)、
病気になったりなど、不測の事態は起こりうる話ですが、
成功確率という意味ではかなり高められた形で
挑戦をしたといえますね。

 

これが「正しい挑戦」の形だと思います。

 

一か八か、
借金をしてテナントを借りて出店しました!

なんていうのは工夫を何もせず、
考えることをさぼって、見切り発車した、
という状況でしかないわけです。

 

私も過去に数千万借金しているので、
何も考えず、工夫もせず痛い目にあった
張本人なのですが、、、汗

 

挑戦をした結果失敗してもいい

 

もちろん挑戦をするからには
失敗なんかしたくはありませんが、
失敗をしてもいいと思います。

 

一度失敗をすれば、
同じ失敗をすることがなくなるからです。

 

もちろん、失敗をして、
再起不能なぐらいまでどん底になるのは、
挑戦じゃなくギャンブルです。

 

正しい挑戦をして
そのうえで失敗をしたというのであれば、
全然いいことだと思います。

その失敗を生かして、
次の挑戦で成功をしてください。

 

初めに努力や工夫で高めた成功確率の、
高めきれなかった部分が見えてくるので、
次はさらに成功確率を高めることができるようになります。

 

自分の成功確率は自分で決める

 

あなたが挑戦するときは、
自分の成功確率は自分で決めてくださいね。

 

厳密に測定できるものではありませんが、
明らかにギャンブルになっている場合は、
はやる気持ちを抑えてください。

 

また、ここまで読んでくださったあなただから言いますけども、
インターネットビジネスって成功確率は
あなた自身で決めることができる世界なんです。

 

だって、インターネットビジネスなんて
やったら稼げますからね。

あなたの成功確率を決めるのは
あなた自身なんです。

 

既に結果が出ているノウハウがあって、
それに従って行動するだけですから。

 

ただ、楽じゃありませんし、簡単ではありませんが、
一度仕組みをくみ上げてしまえば、
自動で回りますし、その仕組みの作り方も
成功事例をそのまま真似したらいいわけなんです。

 

しかも、飲食店みたいな莫大な経費は掛かりません。

(家賃、内装費、保証金、従業員の給料、お酒や料理の仕入れなど)

 

リスクの少ないビジネスで、
かつ成功事例が利用できるなんて、
こんなに有利なビジネスありませんよね?

 

ぜひ、あなたの成功確率、
自分自身で決めて、ギャンブルではなく、
挑戦をしてみてください ^ ^

コメントを残す