あなたを必要としている人が必ずいる

インターネットビジネスを始めたら、

ブログを書いたり、動画を作ったり、
無料レポートを作成したり、
ツイッターで役立つ情報を発信したり、

なんて形で、あなたは何かしらの
コンテンツを作り、情報を発信していくことになります。

 

でもこういうコンテンツを作っていて、
きっとこんな疑問を感じることがあるはずです。

「俺(私)の今作っているコンテンツって、
 もうすでに同じようなものを誰かが作っているんだよな、、、。
 
 俺(私)のコンテンツって見る人いるの??
 実は要らないんじゃないかな???」

 

しかも、めちゃくちゃ分かりやすい
コンテンツを見つけたりすると、
つたない自分のコンテンツなんて
役に立たない・必要ないんじゃないか、

なんて不安になったりするものですね。

 

でも、それはとんでもない勘違いです。

そう、それは大きな勘違いなのです。

 

世の中にはあなたのコンテンツを
求めている人がいるのです。

あなたを必要としている人が
必ず存在しているのです。

 

今回の動画・記事では、
あなたを必要としている人がいる理由と、
その見つけ方について解説してまいりたいと思います。

 

 

世界の人間は「多種多様」

 

世の中の人間は本当に「多種多様」です。

 

あなたがインターネットビジネスに
取り組むのであれば、その際は
日本語を使うわけなので、
対象は日本人だけとなるかと思います。

(英語が使える方は英語での情報を発信を
してみると面白いかもしれませんね!)

 

「世界」という考え方をしたら、
もっと多種多様ですが、とはいえ
日本人なだけでも十分に多種多様なんです。

 

「県民性」って言葉がありますが、
県によってその住んでいる人の特徴がありますし、
「年代」によっても全然考え方も違います。

 

大学生、サラリーマン、自営業、経営者
なんていうだけでもう全然全く違いますよね?

 

サラリーマンの中でも
「職業」ってたくさんあるじゃないですか、

派遣会社の営業マン、ゲーム会社の経理担当、
SE、証券マン、医者、看護師、
弁護士、教師、塾講師とか。

フリーターやニート、
なんていうのも多様性の一つですよね。

 

20代の若手、
30代、40代の中堅どころ、
50代、60代の人生の大ベテラン
その年代によっても全然違います。

 

「性別」によっても違いますし、
「家族構成」なんてものもありますよね。

 

これって、ビジネスの用語でいえば、
「属性」なんて言ったりします。

 

こうやってみてみるとわかると思いますが、
世の中には本当にいろんな
「属性」の人がいるのです。

 

あなたの個性・特徴はあなたにしかないもの

 

そんなあなたの「属性」は
どんなふうに分類されますか???

 

私で言えば

・年齢は30代
・千葉県産まれ
・東京在住
・嫁持ち子持ち
・自営業
・失敗経験有(莫大な借金経験有、、、)

なんて感じで、
こんな特徴があります。

 

たぶん30代って言ったら、
たくさんいると思いますが、
30代で千葉生まれ、東京在住、
って言ったら少し人数は減りますよね?

 

結婚していて子供がいる、
というとさらにもう少し減ります。

 

自営業者で、失敗経験があって、
借金を背負ったことがある、
となるとさらに同じような人
というのが減るわけです。

 

そして、その中で情報発信をしている人、
インターネットビジネスをしている人、
なんていうのはもう限りなくゼロに近いわけです。

 

あなたの属性はどんな風になりますか???

 

あなたの個性や
あなたの特徴というのは、
あなたにしかないものなのです。

 

自信をもって情報を発信すると興味のある人が集まってくる

 

なので、あなたがすべきことは、
ウソをつくのではなく、
あなたの情報を発信すればよいわけです。

 

あなたの情報を
自信をもって発信をしてあげてください。

あなたの発信内容に、
共感をする人が必ず現れますので。

 

あなたが苦しんだこと、
ツラかった体験と同じ体験をした人、
今もなお同じ苦しみにもがいている人、
というのが絶対にいます。

 

そういった方達のために、
情報を発信してあげてください。

 

あなたが実践して成果の出たこと、
どうやってその苦境から抜け出したのか、
ということを伝えていくと、
その情報を必要としている人が
必ず存在していますので。

 

あなたの情報を必要と欲している人は、
探しているので、あなたがしっかりと発信をしていれば、
ちゃんとあなたのことを見つけ、そして
必ずその情報をキャッチしてくれます。

 

そういった方を救えるのは
あなただけなのですから。

 

共感できる人、共感できない人

 

情報を発信していると、
嫌な経験をすることもあります。

 

情報を発信していくと
ネガティブなレスポンスが
返ってくることもあります。

 

だって、
万人受けするコンテンツって
絶対にありませんから。

 

どんなにすごい人にも
なぜか必ず「アンチ」がいるんです。

 

あなたも誰かからものを教わろうと思ったとき、
先生って選びますよね?

それってやっぱり、
好き嫌いとか、得手不得手、
みたいなものがあるはずなんです。

 

なので、
あなたよりすごい人っていっぱいいますが、
その中でもあなたから教わりたい、
あなたの情報がほしい、って方が
必ずいるんです。

 

だから、インターネットビジネスの取り組みはじめに、

「俺(私)なんかが情報発信していいのかな?」

なんて思う必要もありませんし、
むしろどんどん情報発信をしてあげてください、
あなたを必要としている人のために。

コメントを残す