ビットコインのアービトラージファンドに注意

「ビットコインでアービトラージができる」

という話題を最近になってよく耳にするようになったので、
暇なときにふと思い出し情報収集をしているのですが、
なんかできそうな気がしますね、これ ^ ^

 

実は、結構前から(といっても1年くらいまですが)

「ビットコインのアービトラージを実践している」

という方はいたのですが、
取引所がつぶれたり、出金対応を受けてくれないなどのリスクが怖い
というのがその実践者の方の言葉だったので、
なんとなくこれまで食指が動きませんでした。

 

しかし最近仲間から、

「ビットコインでアービトラージをやってみる」

などと言う声を聴き、

「むむっ、やっぱりできるのか、これは??」

と思ったわけです。

 

そこでビットコインのアービトラージの手法は
大体このパターンで実践なさっている方が多いようです。

・取引所間のアービトラージ

・ビットコインと他の仮想通貨・通貨との両替後のレート
(合成通貨)を活用したアービトラージ

・国をまたぐことで取れるといううわさも聞きます
(これは取引所間&合成通貨、ということかもしれませんが)

 

ビットコイン自体がまだまだ新しい商品であり、
かつ未成熟なマーケットでもあるので、
市場のゆがみは見つけやすいというのはあるのかもしれません。

 

FXという市場ですら未だにゆがみが見つかるのですから、
ビットコインはなおさら、ということなのかと思います。

 

はい、ただ今回の記事では、

「ビットコインアービトラージの実践方法」

という話ではありませんので、具体的な話はさておき
(というのも神田も実践はまだしていませんので)、
最近出てきたという

「ビットコインアービトラージファンド」

についてみてまいりたいと思います。

 

「ビットコインアービトラージファンド」とは

最近よく聞くようになった「ビットコインのアービトラージ」について、
金融関係の仕事をしている方々に聞いてみると、
どなたも一様にして

「ビットコインのアービトラージには気を付けろ」

というのです。

 

何のことかよくよく聞いてみると、

「ビットコインのアービトラージファンド」

というものが巷に広まりつつあるそうで、
結構アクティブに集金活動をしているのだそうです。

 

それは大変なことだと、情報にキャッチアップしていかないとと思い
聞いてすぐにグーグル先生で確認をしてみると、
非常に残念なのですが、ほとんど情報は出てきていません。

 

ですが、そんな話を聞くと、
何やら不穏な動きと感じてしまうのはやむ負えません。

 

というのも、ビットコインに限らずアービトラージなどというものは、
市場のゆがみをつくものですから、市場の流動性が割と大きくないビットコインなどで
ファンドにするなんて結構ナンセンスなのではなかろうかと
そう思うわけなのです。

 

少しお金を持っている個人が
資金をぶち込んだら、もう十分なのではなかろうかと思います。

(その辺は今後リサーチしたいなと思いますが)

 

なので、ファンドにもし興味があって、
話を聞く機会があれば、その運用資金額と、
本当にそのお金が運用できるのか、
突き詰めて聞いてみてください。

 

何か、あいまいな内容で濁すようであれば、
要注意なのではないかなと思います。

 

はい、このブログでは口を酸っぱくして
何度も言っていますが、そんなファンドに頼るのではなくて、
自分自身でアービトラージの取引ができるようになる、
という方がよほどリスクが小さくすることができるはずです。

 

物理的に時間が取れずできないとか、
いろいろと制約があるかもしれません。

 

その場合は確かに誰かを頼った
運用をする必要があることもあり得ます。

 

しかし、その頼る相手を間違えないように、
その点のみお気を付けください。

 

コメントを残す