仮想通貨で資産を築く方法(稼ぐ・儲ける方法)

過去記事でビットコインを購入したことを書きつつ、
ちょっとした下落でビビッて手放してしまうという
大失態の神田です。

 

ビットコインの急騰に完全に乗り遅れたわけですが、
その後適当に持っていた仮想通貨さんたちが、

80万円 ⇒ 350万

というわけであれよあれよと4倍以上になったことで、
確信を感じ仮想通貨の世界に本格参入してまいりました。

 

2017年に情報発信を怠り、
仮想通貨に没頭していたため、
改めて、2018年から仮想通貨の情報を
発信していこうと思った次第です。

(こんな神田ですが意外と慎重派なのです、、、(汗))

 

さて、この記事では、
仮想通貨で資産を築く方法ということで、
仮想通貨で今現在考えられている稼ぐ手段というと
どのようなものがあるか、まとめてまいります。

 

仮想通貨で資産を築く方法 その1「トレーディング」

仮想通貨で資産を築く方法その1は、
「仮想通貨トレード」です。

 

仮想通貨が大暴騰をした2017年
リップルは300倍になりました。

たったの1年で300倍です。

なんと、100万持っていたら3億です、、、。

 

はい、難しいことを考えず、

「仮想通貨を持つ」

だけでも十分に今後上がっていく可能性があります。

 

リスクももちろんゼロではありませんが、
仮想通貨はまだまだこれで黎明期なのd、
今後の上昇は十分に期待できます。

 

結構巷では

「リップルを買うにはもう遅いのでは?」

等と言われがちですが、他の通貨に比べれば上がり方が
非常に遅い独特な通貨なのです。

 

ちょっと他の仮想通貨と違い、
2018年以降、実際に銀行で使われ始めたときに
「本来の価値」を発揮するともいわれる通貨なんです。

 

しかも、未来予測プログラム「ウェブボット」によると、
リップルに対してこんな予測を出ているそう。

 

・本格上昇するのは「2018年」、1番の上昇は5月頃

・2018年リップルは上昇の激しい年になる

・金融システムの回復不能なブレークダウンとなる恐れもある。
 もし、これが起こると、人々はリップルに殺到してとんでもない価格になるはず。

 

リップルじゃなくても、
代表的でもうすでに一番高いビットコイン、
時価総額もナンバーワンのビットコインですら、
2017年20倍ほどになっています。

 

100万円のビットコインで2,000万円になるわけですから、
正直上げすぎですが、まだまだ仮想通貨の世界は
依然上昇余地の高い状況です。

 

この仮想通貨を単純に買って持つ、
バイアンドホールド戦略をするだけでも、
十分に資産を構築することに一役買ってくれるはずです。

 

しかしこれはあくまで長期投資の話です。

 

これとは別に、このボラティリティの高い仮想通貨の世界で、
トレードをすることでものすごいトレード利益を得ることが可能です。

 

もちろんリスクもあるため、
間違えれば資産を焼失させることもあり得ます。

 

正直、まだ仮想通貨の世界は法整備がゼロ、
未整備の無法地帯とも言えますので、
なんの指針もなく、何の情報もなくトレードするというのは、
ただただ単純にカモにされてしまう、
むしり取られてしまう存在といっても過言ではありません。

 

■仮想通貨のシグナル配信

神田はいくつかのシグナル配信を受ける、
つまり情報を買うということをしています。

 

なぜかよく分からないのですが、
上がる情報を事前に教えてくれるようなサービスが
なぜか本当にわかりませんが存在しています、、、。

 

はい、中にはなぜか勝てるという良いものもあります。

 

FXのトレードで生計を立てているような人は、
独自の分析で利益を得ているような人もたくさんいますが、
素人が訳も分からずトレードをするということは辞めておいた方が良いです。

 

勝つべく人が勝っている、
それが今の仮想通貨のマーケットの特徴となっています。

 

 

■ビットコインのアービトラージ

もう一つ、仮想通貨のトレードという意味で、

「アービトラージ」がかなり有効になっています。

 

神田も複数の口座にコインを入れてみたことがありましたが、
同量のビットコインでも、なぜか評価額が違います。

 

あれ?と思うのですが、
取引所ごとに、投資家がいて、それぞれが板を作り、
取引をしているため、乖離が発生するのです。

 

今はまだ各取引所間が連携をしていませんので、
乖離が出たらそこを押さえて、
戻ったら利確する、というようなことをするだけで、
素人でも簡単に利益を残すことが可能です。

 

むしろまずはこちらをやってみてもよいかもしれません。

 

ただ、このアービトラージですら、
システムを構築し、自動で行っているグループが
個人ですらいますので、この手法が永遠に使えるというものではないかと思います。

 

一時的に資産を増やす手段として割り切って、
今のこのトレンド時期の手法として使うということであればよいかと思います。
ぜひお試しになってみてください。

 

仮想通貨で資産を築く方法 その2「マイニング」

仮想通貨を買うお金がなければ、
仮想通貨を掘ればいい!

ということで、
仮想通貨で資産を増やす方法として、
「マイニング」という手段もあり得ます。

 

マイニングというのは、
仮想通貨の構造的な話になりますので、
あまり難しいことを理解する必要はないかと思いますが、
仮想通貨のブロックチェーンの計算をする上で、
PCによる演算処理が必要になります。

 

しかし仮想通貨はどこかが責任をもってその計算をするというわけではなく、
各個人(場合によっては法人やグループ)がその自信のPCで
その演算処理をすることで成り立っています。

 

この演算処理はボランティアではなく、
この処理をすることで、報酬がもらえる(インセンティブがつく)
ということで成り立っているわけです。

 

つまり、自分のPCで演算処理を行うことで、
インセンティブとして、仮想通貨を受け取ることができるわけです。

 

しかし、大勢の方がマイニングに参加しているため、
今ではだいぶ儲かりにくくなっているのが現状です。

 

メジャーな通貨であれば、
大手資本が大規模な設備投資をして、
超高性能PCをそろえ、高速で処理をしているため、
個人が参戦しても中々太刀打ちできません。

 

日本であれば、電気代と差し引いて、
やるべき価値がないというケースがほとんどです。

 

なので、もしやるとしたら、
アルトコイン(マイナー気味のコイン)をマイニングして、
保有しておいて、すこしメジャーになってきたところで、
価格が上昇をする、というところを待つのがよいかもしれません。

 

もしくは、大手資本のマイニンググループに投資をして、
マイニング利益を受ける、という方法もあり得ます。

 

これは「クラウドマイニング」
という名前として有名になりつつありますが、
考え方としては、マイニングマシーンを個人が購入し、
その運用を委託することで、マイニング利益の中から、
運用報酬を支払い、差額を運用利回りとして受け取る、
というようなイメージとなります。

 

ただ、中々工場もセキュリティの観点から、
公開をしていないところも多く、
本当にマイニングをしているのかどうかが分かりにくいため、
ちょっとした詐欺事件や、トラブルに発展するケースもあるため、
慎重に取り扱う必要のある手法と言えます。

 

仮想通貨で資産を築く方法 その3「ICO(Initial Coin Offering)」

仮想通貨のトレードともだいぶ似た話ではありますが、
上場前の仮想通貨を購入する

「ICO(Initial Coin Offering)」

というものが有名になりつつあります。

 

最近だと、
Gacktさんが本名を公開してまで取り組む
等と発表のあった「SPINDLE」や
クラウドマイニングをしつつ配当収益を出しながら、
上場益も狙えるという「REGAIN」など、
様々なICO案件が発表されています。

 

おそらく一つずつ上げていったらきりがありませんので、
全てに触れることができませんが、
おそらく全てのICO(Initial Coin Offering)に投資をしていたらお金がいくらあっても足りません。

 

ですが、ADAコインなんてものは、
神田の知人(昔迷惑をかけてしまった投資家さん)からの情報では、
30万だけ買ったら、今は2000万円になってしまったとのことでした、、、。

(買った後、1000万になって、他のコインに買えたりしつつ増やしたそうです)

 

 

その爆発力はやはり魅力的と言えます。

 

ADAは日本に大量の億万長者を作ったとも言われていますので、
ICOを一つ当てるだけで、人生を変える威力があるとも言えますね。

 

ただし、これも玉石混交、

リターンがあれど、リスクもあるため、
考えなしに取り組むと、当たる前に、
打ち込む球がなくなる可能性すらありますので、
取り組むにしても気を付けてくださいね。

 

こちらの記事ではICO(Initial Coin Offering)についてより詳しく解説しています。

⇒ ICO(Initial Coin Offering)とは?ICOを活用して資産構築へ

 

仮想通貨で資産を築く方法 その4「情報発信」

以上のところまで見ても、
仮想通貨で利益を上げるためには、
初めにそれなりの投資資金が必要になります。

 

マイニングをするにしても、専用のPCを買ったり、
クラウドマイニングでも初期投資が必要になります。

 

リップルやビットコインのように
上昇するコインを購入するにしても、
爆発力のある仮想通貨であれば
十分に利益を得ることもできますが、
それでも元手がないというケースもあるかと思います。

 

それに、一つに30万で、当たればよいですが、
当たらなかった際に、その資金を再投資できれば良いですが、
そうもいかないことがあり得ます。

 

リスクとリターンのバランスで言えば、
リターンの方が圧倒的に多い今の状況ですら、
やはり100%ではありません。

 

そこで、リスクなし、
初期投資なしで利益を得る方法としては、
仮想通貨にまつわる情報発信ということがあり得ます。

 

仮想通貨の世界は変化が速いので、
人よりも情報をキャッチアップして、
まだ知らない人に発信をしていくだけでも、
価値がありますし、その価値のあるところにお金が生まれます。

 

仮想通貨の買い方を教えてあげて、
取引所の口座開設をするだけで紹介料をもらうことができたり、
ICO案件を紹介することで仲介手数料をもらう、
等という方もいらっしゃいます。

 

マイニングの案件を紹介して
紹介料をもらったり、人によっては継続報酬をもらう、
等という方もいるようです。

 

ぜひ仮想通貨の情報発信ブログを作って、
アドセンスなどの広告収入を得るというのも一つの手段です。

(アドセンスはこの業界にしては、
ちょっと収入としては小さすぎるように思いますが)

 

なので、まずは仮想通貨の勉強をして、
情報収集、知識を付け、それを発信するところから
スタートをしても十分利益を得ることができる、
それが今の仮想通貨の業界だと思います。

 

ただし、2018年が仮想通貨で資産を築くには、
最後の大チャンス年と言われていますので、
ぜひこのタイミングでスタートをなさるのが良いかと思います。

 

きっと2019年もチャンスはあるとは思いますが、
2018年よりも2017年の方が利益が上げやすいでしょうし、
2019年よりも2018年の方が稼げるはずです。

 

情報収集は無料ですので、
ぜひ仮想通貨情報にキャッチアップして情報収集をしてみてください。

 

仮想通貨関連のメルマガの登録はこちら

⇒ 仮想通貨の極秘ICO・急騰情報配信メルマガ

Line@でも情報発信をしていますので、
良ければ両方ご登録ください。

⇒ 仮想通貨の極秘ICO・急騰情報配信LINE@

コメントを残す