70歳以上の方がFX口座の口座開設をする方法

 

前回「後期高齢者(75歳以上の方)の方は証券口座の開設が難しい」、

ということをブログ記事で書いたのですが、

⇒ 後期高齢者はFXの口座開設はできないの!?

 

 

知人である証券会社の社長さんに確認をしたところ、

開設をしてくださるという旨の回答をいただきました。

 

某AV○証券さんです。

(大分分かりやすいはずですが、分からないという方は

おそらく知らない会社なのかもしれませんので、

遠慮なく神田までお問い合わせくださいねw)

 

ちなみに、どうやって口座開設をすればよいかというと、

ごくごく不通に口座開設を行えば、

担当者が確認が内容を確認した上で、

ご家族の同意書を一緒に提出してもらえたらよいとのことでした。

 

同意書のフォーマット自体は、

証券会社のほうから送付されるそうで、

そちらに署名・捺印を行えばよいということです。

 

 

前回、「口座開設が出来ない」と相談をいただいた方には

「海外の証券会社じゃないとだめですかねぇ。」

等とお話していたのですが、あっさりと国内の証券会社さんで、

開設出来そうである旨をご回答いただくことが出来ました。

 

 

しかし、年齢制限というのは国の法律によって

定められているというものではなさそうで、

各証券会社(FX会社)のコンプライアンスなどで

設定されているものということなのでしょう。

 

 

各社メジャーどころに問い合わせをしてみると、

大体70~80歳のあたりに年齢制限の上限があるようです。

(GMOクリック証券、YJFX、DMM.com証券、インヴァスト証券、

ヒロセ通称、SBI FX、マネーパートナーズ証券、外為ドットコム等)

 

 

しかし、調べてみて分かったことが一つ。

 

 

「実は「証券口座」自体の開設制限はない」

ということなんです。

 

 

株式取引をする分には年齢制限はないのですが、

FXなどが引っかかってしまうのは、

信用取引を用いたレバレッジの聞く取引であるためなのだそうです。

 

 

レバレッジを25倍まで制限をしておいて、

さらに年齢制限までかけてしまったということなんですね。

 

 

また、一応上限年齢が70~80歳と分かったところで、

「そういえば下限の年齢制限ってないの?」と思いませんか???

 

 

早速調べてみました♪

 

 

といっても、実は至って不通でして、

20歳以上の方のみ口座の開設が行えるということでした、、、。

 

 

なので、FXに取り組むことが出来る期間というのは、

20~80歳(最大で)の間ということになります。

 

まぁ60歳もFXに打ち込めるのであればそれはそれでも良いのかもしれませんねw

 

 

それでは素敵なFXライフをお過ごしください!

 

コメントを残す