音声データを「自動」で「文字」に書き起こす方法~YouTubeの字幕データをダウンロードする方法~

以前、

「音声データを「自動」で「文字」に書き起こす方法 
googleドキュメントを効率よく活用する」

という記事を書いたところ、
意外とちょくちょくアクセスが集まっているようです。

 

私も自分のメモ用として書いてみた記事でしたが、
みてくださる方がいて、少しでも
役に立っていたらうれしい限りです ^ ^

 

そして、その後も音声データの文字お越しについてふと調べてみたら、
音声データを書き起こしにするもう一つの方法を発見しました。

 

それが今回の

「youtubeを使う方法」

となります。

 

どういうことかといいますと、、、

 

youtubeには字幕機能というものがあり、

「動画中の音声データを
 文字お越しし、画面に表示する」

という機能があるのです。

※知っている人は知っていると思いますが。

 

ずっとこのデータが抜き出せたらいいのに、
と思っていたところ、なんと抜き出せたのです。

 

なので、音声データの文字お越しをしたいという場合、
(1)一度youtubeに音声データを動画としてアップロードした後、
その動画の(2)音声データをyoutubeで文字データに変換させ、
(3)それをダウンロードする、ということで
一発で文字お越しが可能となります。

 

それではyoutube動画からの
文字お越しの方法を説明してまいります。

 

youtube動画の音声データ(字幕データ)を文字お越し(ダウンロード)する方法

この手順はいたって簡単で、
ものすごい少ない手順で行けます。

 

まず、youtubeの画面の中から、
赤く囲った「・・・」の部分を
クリックして出てくるメニュー画面の中から

「文字お越しを開く」

を選択してください。

 

すると下記画面赤枠の中に字幕データが表示されます。

 

 

これをコピーして、
メモ帳やワードなどにペーストすると、
下記の通りとなります。

 

 

あくまで『字幕』のデータになりますので、
左側に「時間(分:秒)」が表示されていますが、
ご愛敬です。

 

こちらの字幕も完ぺきではないため、
「誤字」「脱字」なども当然ありますので、
正確なものにするためには見直し、修正をする必要があります、

がしかし、時間があるためとても見直しやすいのです。

 

明らかに違うところは見たらわかるので、
youtubeで再生しながら、そこの時間のところに移動し、
音声を聞いて直す、ということをすればいいので、
非常に効率的なのです ^ ^

 

また、これは英語にも使うことができて、
英語の字幕を出せば、英語の音声文字お越しも可能なのです。

 

これって英語の勉強をしている人や、
英語での情報収集をする場合にも
かなり役立つ方法ですので、
ぜひお試しになってみてください!

 

youtubeもGoogleのサービスなので、
やはりGoogleの音声認識技術を
youtubeを使って活用する、
という方法ということになりますね!

 

ご参考になれば幸いです ^ ^

コメントを残す