クラウドワーキングだけで会社に頼らず生活をする人「金森孝徳」さん

最近よく耳にするようになった
クラウドワーキングですが、
このクラウドワーキングだけで生計を立てるという人が、
現れ始めているようです。

 

ノマドという言葉が少し前にはやりましたが、
個人が企業等にとらわれず自由に仕事をして
生活をするというスタイルが、
保守的な日本にもようやく広まりつつある
ということなんじゃないかと思います。

 

クラウドワーキングとは

まず、クラウドワーキングとは何なのか、
解説を見てみると。

 

クラウドワーキングは、企業が業務の一部を外部委託するもので、
それをフリーの各専門分野のワーカーが、在宅で業務請負するワーキングスタイルのことをいいます。
コンピュータのクラウド化を活用し、業務の打ち合わせから納品までをネット上で完結させます。

クラウドワーキングとは
http://crowdworks.jp/articles/3614/

 

 

噛み砕いて理解してみると、
企業が自社の仕事を外注に依頼する際の仕事を
引き受けて仕事をすることで、

 

クラウドシステムを利用して(どこからでもアクセスができるということ)、
ネット上で仕事を完結させることで、
時間や場所に縛られない自由なスタイルで、
仕事をしていくということなんですね。

 

しかし企業の外注というだけで、
なんだかお安く買いたたかれてしまうのではないか、
と不安に感じてしまうところなのですが、
実はこのクラウドワーキングスタイルで、
生活をしているという方が既にいるんですね!

 

その方が「金森孝徳」さんという方なんです。

金森孝徳さんの記事
http://crowdworks.jp/workstyle/?p=313

 

金森孝徳さんはもともとはバックパッカー

この方は初めはサラリーマンだったそうですが、
会社の倒産をきっかけにバックパッカーをして放浪し、
資金が尽きたところで働かなくては!
と思いたったのだそうです。

 

そんなとき、SEとして働いていた技術を生かして、
仕事の受注を取るようになり、
今現在それだけで生活をしているのだそうです。

 

月の収入を見てみると
月に20~30万程度は稼げているとのことですので、
自由な生活スタイルと考えれば
十分な収入といえるかもしれませんね。

 

そして奄美王島に移り住み、
生活コストを抑えた生活を送ることで、
十分暮らしていけるようです。

 

奄美王島、、、
うーんうらやましいです♪

 

その他にも、
クラウドワークスだけで
月に100万以上売りあがっているという
会社もあるようですので、
意外と外注さんも儲かる仕事なのかもしれませんね。

http://engineer.typemag.jp/article/crowdworks-onemonth-1

 

少し技術のある方であれば、
自身のブログや媒体作りをしながら、
クラウドワーキングで日々の生活費を稼ぎつつ、
そうして自身のビジネスを構築していくというのも、
非常に良い戦略かも知れませんね^^

 

世の中の潮流を把握することで、
しっかりと稼ぐことも、
自由な生活をするということもできるというのは、
良い世の中になりましたね。

 

会社に頼らず生きるというのも一つの選択肢になります。
ぜひ自分の人生を悔いの残らないように
仕事の仕方働きの仕方、ビジネスの組み立て方など、
しっかりと取り組んでまいりましょう♪

コメントを残す