最新技術や新しいツールの使い方は若者に学ぶといい理由

今日はこれから「参宮橋」という
少しだけマニアックな駅に向かう道すがらです。

 

ここはFXだけで生活をしている
FXトレーダーさん達が一軒家を借りて、
そこで集まってトレードをするという、
トレードルームならぬトレードハウスなんです。

 

ちょっといろいろとお話をさせていただきに行くのですが、
FXについて色々と学ばせていただきたいと思います♪

 

やはり自分ひとりで相場からお金を稼げるようになるというのは、
本当に素晴らしいことですね^^

 

自由気ままなトレーダーさん達と触れると
様々な気付きや視点をいただけます。

 

そのあたりはぜひまた別の機会に
まとめてまいりたいと思います。

 

 

最近ツイッターを使っていて、
ふと思うことは若い子たちほど
うまいこと使っているなーって思います。

 

プライベートで使う場合は、
好きに使えばいいんでしょうけども、
商売やビジネスで使っている場合、
やはり効果の出やすい使い方というのがあると思います。

 

でも、それを一から自分で考えるという場合、
結構試行錯誤の時間というのが絶対的に必要になってくるかと思います。

 

そんなときに、うまく使っている人に声をかけて、
使い方を教えてもらうと、スムーズに初期のスタートを
切れるんじゃないかと思います。

 

かくいう自分も、mixiが出始めたときに、
21歳の若い子(当時自分も20代半ばですが)に、
使い方を教えてもらったところ、
ものすごい速度で事業が拡大しました。
(元が小さく、それがちょっと大きくなった程度ですが)

 

その後、mixiが使えなくなってしまいましたが、
結果、金融の商売が順調に回り、
最終的にwebマーケの世界に入ることができているので。

 

もちろん、体系的に総合的に学ぶというのには、
若い方たちから学ぶというのは向きませんが、

(特にマインドや考え方はどうしても若い方は
 成熟していませんので)

ある一点の技術や知識、最新のサービスなどについては、
若い方の方が感性も鋭く瞬発力もあるため、
ノウハウ化しやすいのではないかと思います。

 

で、それを経験豊富な人間がマネタイズ
(ビジネスに変えていくこと)する、
非常に素晴らしいフロー、流れなんじゃないかと思います。

 

なので、経験の豊富な方は若者と、
若者は経験豊富な人間と手を組むと、
事業が加速するのではないかと思います。

 

ただ、若けりゃいいわけでもないし、
自称「経験豊富」なビジネスマンも
出がらし(昔は商売が順調だったとして、今はボロボロな人)
と組んでも結果は出ません。

 

まぁ、まずは自分でできることを粛々と伸ばし、
その技術で組める相手とジョイントする、
これがきれいなフローかもしれませんね。

 

初めっから大きな仕事をしようとすると失敗をするので、
まずは小さな一歩目を確実なものにすること、
というのが重要ですね。

コメントを残す