LINE@(ラインアット)でホーム投稿をする方法、タイムラインで情報発信

LINE@アカウントの開設と
初期設定が完了したら、ホーム投稿をしていきましょう。

 

「ホーム投稿」というのは
いわゆるあなたのタイムラインに、
記事を投稿していく、ということになります。

 

タイムラインって
普通のラインのアカウントでもありますよね。

 

自分の日記みたいなものを
タイムラインに投稿して、
自分の友達がそれを見てイイネしてくれたり、
コメントを残してくれたりというものです。

 

これはブログであったりFBなどのSNSの投稿、
に近いものがあって、単純に日記を書くだけであれば
めちゃくちゃもったいないです。

 

タイムライン投稿はその活用方法次第で、
非常に有効な情報発信に役立ちますので、
ぜひ使いこなしていきましょう。

 

そこで、今回はこのタイムラインの投稿の仕方から、
その効果的な使い方まで解説を
してまいりたいと思います。

 

 

ホーム投稿(タイムライン投稿)の手順について解説

 

ホーム投稿の手順は、
まずLINE@マネージャーにログインをしたら、
画面左にあるメニュー一覧の中にある
「ホーム投稿」をクリックします。

 

すると下記画面のようになります。

この画面の中の➀~③は、

➀投稿タイミングの選択

すぐに投稿をする場合は、
「今すぐ投稿」を選択し、
日付や時間を設定した予約投稿をしたい場合は、
ここに日付を入力します。

②投稿内容の選択

これはホーム投稿をする内容を選ぶメニューになります。

「テキスト」であれば、
文字を500文字まで投稿できますし、

「スタンプ」であれば、
スタンプを一つ押すことができます。

「画像」であれば写真などの、
画像ファイルを投稿できます。

これらのメニューの中から、
最大3つまで一回のホーム投稿で
送信ができます。

 

最大3つを選んで、
文字を入力して、画像を選択したら、
③の「投稿する」をクリックすると、
投稿が完了となります。

 

タイムラインで自分の見せ方をコントロールする方法

 

あなたのLINE@に登録をした人は、
まずあなたがどんな人なのか
どんな投稿をしているのか、
ということに興味があるはずですね。

 

なので、登録した人がまず見るのが、
あなたのタイムライン投稿になります。

(もちろん、登録だけして、
あなたからのライン配信を待っている、
というだけの人もいるとは思いますが)

 

なので、ここのタイムライン投稿は、

あなたがどのような人なのか、
どんな投稿をする人なのか、

ということを判断される
非常に重要な部分となります。

 

一番シンプルな投稿内容で言えば、
アカウント登録者へのメッセージを書いておく、
というだけにとどめておくということですね。

 

LINE@登録の特典の配布であったり、
何かの行動を促す配信であったり、
何かの価値提供を行う内容であったり、
このLINE@アカウントの説明をする内容であったり、
といったものをご案内する説明を書いておく、
というイメージですね。

 

この一文だけであれば、
タイムライン投稿を意識する必要がないので、
LINE@の運用は楽ですね。

 

もしくは、あなたの
ブランディングに役立つ投稿をする、
というのが理想的ですね。

 

もっと言えば、
価値提供(お役立ち情報やノウハウなど)をしつつ、
あなたのブランディングになるというのがベストです。

 

と言っても、ウソを書いたり、
無理をしすぎてもぼろが出るだけですので、
きちんと正直な内容を書くようにしましょう。

 

どこかに行った時の写真やあなたが食べた料理の写真
(もちろんどちらもブランディングになるもの)
あなたの実績の画像、有名人と撮ったツーショット写真など、
何かすごいと思わせられるものがあればよいですね。

 

そういったものとともに、
お役立ち情報やノウハウを書いてみると、
喜ばれるはずです。

 

また、あなたのコンテンツがあるのであれば、
そういったものをどんどん配信していくと、
価値提供プラスあなたのコンテンツ提供もできますので、
一石二鳥ですね。

 

タイムライン投稿の仕方や方法は
一つだけではありませんので、
ぜひ色々試してみてください。

 

タイムラインをLINE@配信でメッセージを読者さんに届ける方法

 

タイムライン投稿は
読者さんに更新通知はされますが、
少々プッシュとしては弱いです。

 

相手に見てもらうには、
相手の行動待ちとなりますので、
受け身な情報発信と言えます。

 

その分相手に押し付ける必要がありませんので、
気楽に配信ができますし、
LINE@にありがちな、

「「配信」をしすぎてブロックされる」

ということがありませんので、
ホーム投稿は使いこなしたい機能と言えます。

 

そこで、このLINE@配信と、
ホーム投稿を連携させると、
非常に有効な配信ができますよ。

 

ホーム投稿は比較的長文で配信をしても、
嫌がられませんので長文の配信やメッセージは
ホーム投稿(タイムライン投稿)で流します。

(読みたい人が勝手に読めばいいものなので)

 

その後、LINE@メッセージで
短文の配信をしつつ、

「タイムラインを更新したので是非読んでみてね」

というご案内をすると、
非常に効果的です。

 

LINE@の配信は短く簡潔で、
読む側にも負担をかけませんので、
ブロックなどの離脱も最大限減らせますし、
興味のある人はタイムラインを見てくれますので、
無理なく無駄なく価値提供ができるということになります。

 

ただ、タイムラインを見る、
という一工程を乗り越えないと、
あなたのメッセージを見てもらえないので、
メッセージを見てもらえる人数は
やはり減ることになります

 

なので、普段の価値提供はタイムライン投稿を活用して、
本当に見てもらいたいものやセールスなどをする際は
(一番多く見てもらいたい内容の時)
配信でメインの文章を送る、ということをするなど、
使い分けをしていきましょう。

 

ホーム投稿はライン@を
活用するうえで必須の機能ですので、
ぜひご活用になってみてください。

コメントを残す