読み手に伝わるコピーライティングとは「文章を誰に書いているのか?」を考える

あなたが文章を書く時、
誰に向けて書くことを意識していますか?

 

これを明確にしておかないと、
あなたの文章を読んだ人は、

「この人の言っていることは、
 自分には関係ないことかもしれない」

なんて思われてしまうかもしれません。

 

そこで、今回の動画や記事では、
読者さんに響く文章を書いて、
距離を縮め、成約率を高めることができる
文章術について解説をしてまいります。

 

 

なぜ「読み手が不明」だとよくないのか?

 

あなたが文章を書く際、
誰に向けたものなのかがイメージできていないと、
文章がぼやけ、そして読者の方に
刺さりにくくなってしまいます。

 

例えば、
今回のブログ記事の冒頭の文章ですが

「皆さんは文章を書く時、
 誰に向けて書くことを意識していますか?」

「あなたは文章を書く時、
 誰に向けて書くことを意識していますか?」

であれば、どちらの方が自分ごとに感じるでしょうか?

 

もっと言えば、

「〇〇さん(あなたの名前)は文章を書く時、
 誰に向けて書くことを意識していますか?」

といわれた方がなんだか
自分のことに感じませんか?

 

「皆さん」だと自分ごとな気がせず、
冷静な気分、客観的な視点で文章が読めますが、
「あなた」「○○さん」と自分の名前を呼ばれた方が、
その文章に引き込まれやすくなります。

 

それは「自分に関係がある文章」
という意識が強くなるからです。

 

この時に文章を書く相手・対象が
頭の中に思い浮かんでいない状態であると、
つい「皆さん」のような表現を使ってしまい、
あなたの文章の反応率を著しく下げてしまいます。

 

また、文章の読み手のことをイメージしておかないと、
いったい何を伝えたらよいのかが分からなくなってしまうため、
メッセージに一貫性がなくなってしまいます。

 

そうすると、何を言いたいのか分からない文章に
なってしまいますので、やはりこれも
反応率を著しく下げてしまいます。

 

読み手を明確にイメージしよう

 

なので、文章を書く際は読み手のことを
イメージしましょう。

 

これはペルソナとも言って、
「誰か代表的な読者さん像を自分の中で設定する」
ことを言います。

 

副業系の情報発信をしていると、
「30代のサラリーマン(男性)」
というのが一番読者層としては多いはずですが、
あなた自身の属性を考えながら設定をしてみてくださいね。

 

例えば、あなたが女性であれば、
女性の読者さんはより響きやすいはずですよね?

もしくは女性目線から男性へのメッセージを書くことでも、
高い反応は取りやすいかもしれません。

 

これはどっちも反応がとれるはずなのですが、
どちらかに絞らないと文章がぶれてしまうので、
必ずペルソナとなる代表的な読者像を
イメージしておきましょう。

 

ペルソナのイメージができたら
性別、年齢、職業、家族構成、年収、住んでいる家、趣味など、
さらに具体的に設定しておきましょう。

 

また、ペルソナを設定してしまうと、
その対象とならない読者さんには響かないのでは、
なんて心配になってしまうかもしれません。

 

でもそれは大丈夫です。

 

しっかりと話の一貫性があり、
誰に書いているのか明確な文章は、
対象外の人も読んでいても説得力がありますので、
興味のある人、必要な人はしっかりと読んでくれます。

 

なので、ペルソナを設定したらあなたがすべきことは
自信をもって文章を書く、ということになります。

 

文章は恋人に書くように

 

ペルソナが設定できたら、
文章をどんどん書いていきましょう。

 

ただ、その中でも気を付けるポイントがあります。

 

それは文章を書く際は
恋人に書く気持ちで書きましょう、
ということです。

 

あなたが男性で、ペルソナが男性の場合、
「恋人の気持ちになんてなれない」
なんて感じるかもしれませんが、
そこは頭を柔軟にしてみてください。

 

その場合は親友でも良いですし、
お兄さんでも、弟さんでもオッケーです。

 

子供がいる方であれば、
自分のお子さんに対して文章を書いてみましょう。

 

要するに大切な人に書く
ということが重要です。

 

大切に想っている人に文章を書く際、
相手に嫌われるような表現であったり、
不快なフレーズを使ったりはしませんよね?

 

例えば、何か商品を紹介するとき、
大切な人にはどんな風に紹介をしますか?

商品を良いと思ったから勧めるとしても、
押し付けたりってしませんよね?

 

誤解のないような表現を使おうとか、
どうやったら魅力が伝わるかな、
と考えるはずです。

 

例えば、

「わずか3クリックで○○万円稼げます」

「あなたはもう何もしなくていい」

なんて存在しようもないものを勧めて
信頼残高を削ることもなくなるはずです。

 

「楽して稼ぎませんか?私の方法であれば、、、」

「あなたはそのままではいつまでたっても稼げません」

のようないい方しませんよね?

 

努力なしで稼げると信じている人、
そういった「聖杯」を探し求めている人達、
いわゆる情弱といわれる方々には響きますが、
常識のある良識的な方には非常に違和感を感じる表現です。

 

こんなこと、大切な人に向かって書いたら
でてきようがありません。

 

ぜひ、コピーライティングをしっかりと理解をしたら、
こんな表現を使わずとも、相手に響く文章を書くことができますので、

「大切な人に向かって書く」

ということをイメージしながら、
どんどん文章を書いてみましょう。

 

まとめ

今回は読み手をイメージすることで、
あなたの文章が伝わりやすくする方法を解説してまいりました。

これをしっかりイメージするだけで、
あなたのコピーライティングスキルは
一気に高めることが可能です。

ぜひしっかりとペルソナを設定し、
大切な人に向かって文章を書くようにして
どんどん文章を書いてみましょう。

コメントを残す