PASONA(パソナ)の法則の使い方「高い成約率」をたたき出すコピーライティング

高い反応率を得ることができる
コピーライティングテンプレート、
「PASONA(パソナ)の法則」をご存知ですか?

 

これを使うと、誰でも
セールスレター等のライティングで
高い成約率・反応率を得ることができてしまいます。

 

しかも、一度この型を知ってしまえば
このテンプレートに従って文章を書くだけですので、
すいすいと文章を書くことができるようになってしまいます。

 

そこで今回の動画・記事では、
PASONA(パソナ)の法則の解説とともに、
その具体的な使い方を解説してまいります。

 

ぜひあなたもこの法則を活用し、
コピーライティングスキルを高めてみてください。

「PASONA(パソナ)の法則」とは?

 

PASONA(パソナ)の法則というのは、
「人がモノを買うまでの行動順序」
一つずつスムーズに促していくことができるように、
構築された文章テンプレートになります。

 

PASONA(パソナ)の法則は
5つのステップから構成されていて、

(1)Problem(問題)
(2)Agitation(扇動)
(3)Solution(解決策)
(4)Narrow down(限定性・緊急性)
(5)Action(行動)

というそれぞれの頭文字をとり、
PASONA(パソナ)と呼ばれています。

 

主にセールスレターを作成する際は、
このPASONAの順番に文章を書くと、
高い成約率が得られます。

 

それでは一つずつ見ていきましょう。

 

PASONA(パソナ)の法則の5つのステップ

Problem(問題)

PASONA(パソナ)の法則の第1ステップは、
「Problem」です。

これは読者さんの抱えている
「悩み・問題を明確にする」というステップになります。

 

・メルマガ読者が集まらない

・メルマガの配信ネタが思いつかない

・メルマガで有料教材が売れない

等、読者さんが困っていることがあるはずです。

 

これを問題提起をすることで
明確にしてあげたり、共感をしてもらいます。

 

例えば、

「メルマガの読者がどんどん集まる人と
 メルマガの読者がぜんぜん集まらない人、
 この違いは何だと思いますか?」

といったイメージになります。

 

自分の読者さんがどんな問題・悩みを持っているのか、
ということはしっかりとリサーチをしておきましょう。

 

Agitation(扇動)

次のAgitation(扇動)では、
Prpblemのステップで提起したその問題点を
さらに深堀していきます。

 

人は問題点を明確にしただけでは、
理解はしていても中々行動ができないため、
その問題意識を増幅させる必要があります。

 

例えば、

「集客ができなければ、
 どんなにライティングスキルを磨いても、
 あなたは無報酬のままです」

「また集客ができても、
 セールスの技術がなければそれでも
 報酬を得ることができません」

といった形で、その問題点をそのままにしておくことで
迎える未来もイメージしてもらいましょう。

 

この時、自分のエピソード(体験談)も交えることで、
より話の真実味も増し、共感も得られますので、
最後の成約率を高めることができます。

 

Solution(解決策)

その次のSolution(解決策)では、
読者さんの抱える悩みや問題点の解決手段があることを伝え、
ここで初めて商品の説明をします。

 

例えば、

「私が現在進行形で1日に10名の
 メルマガ集客をしているノウハウがあります。
 これを実践すれば初心者の方でも集客のことが理解でき、
 ぐんぐん読者数を増やしていけます。」

「質の高いコンテンツを作り、提供することで、
 信頼残高を高め、高い成約率をたたき出す極秘メソッドがあります。
 これを使うことであなたの売り上げを増やすことができます。」

といった形で、解決策を提示してあげましょう。

 

この際にデータやエビデンス(実績画像)、
実践者の声などがあれば、しっかりと添えてあげると
より高い反応率が得られます。

 

Narrow down(限定性・緊急性)

そしてSolutionのステップを踏んだら、
次のステップとなるNarrow down(限定性・緊急性)では
商品やサービスの限定性や緊急性を演出することで、
購買意欲を駆り立てましょう。

 

例えば、

「このノウハウはあまり多くの人に教えたくないので、
 限定10名の方だけに公開をします。
 先着10名が埋まったら、この応募ページは
 完全クローズします。」

「事前アンケートでは非常にたくさんの方が
 参加したいと言ってくださっていたので、
 人数があまり多くなりすぎないように
 本日限定で募集をします」

などといった形で、限定性、希少性、緊急性を
「理由」をつけて演出します。

 

ここで理由が不明確であったり、矛盾があったりすると、
せっかく構築してきた信頼関係が崩れますので、
ここの理由はしっかりとしたものにしてください。

 

Action(行動)

そして最後のステップとなるAction(行動)では、
行動を促すよう呼びかけをします。

 

メールであれば、

「予定の時間となりましたので、
 募集を開始いたします。」

「今すぐ下記URLから募集ページを開き、
 ご参加ください」

といった形で、

セールスレターであれば、

「購入はこちらから」

といった形で購入ボタン・決済ボタンが
分かりやすいように設置しておきましょう。

 

まとめ

 

コピーライティングの経験値が少ない時ほど、
こういったテンプレートをしっかりと活用し、
定型の順序に沿って文章を書きましょう。

 

すでに実績のある型になりますので、
自信をもって作成してみてください。

 

また、その他にもコピーライティングの
テンプレートはいくつかありますので、
ぜひ一通りを学んでいただいて、
お好みのものを使ってみてください。

 

コメントを残す