年収1000万円の人の「手取り額」 1000万プレイヤーの実情

サラリーマンをしていると、

「年収1000万円」

というのが一つの成功の境目である、
という風に考えている方が多いのではないでしょうか。

 

しかし、年収1000万円の人ってどんな生活をしているのか
というと、意外と正確に認識・理解している方は、
少ないようです。

 

そこで、こちらの記事では、
年収1000万円の人って
実際にどのくらい自由に使えるお金があるのか
その手取り額や、1000万円プレイヤーさんたちの
実態をまとめてまいりました。

 

年収1000万円の手取り額はいくらか???

雑誌の「プレジデント」で

「金持ち夫婦のお財布事情」

というような特集が組まれていまして、
年収1000万円の旦那さんのお財布事情が
あくまでもモデルケースとしてでしょうけども、
つづられていました。

 

そのモデルケースの収入は、、、

月の手取り額「50万円」
年2回のボーナス「100万円」

なのだそうです。

 

おそらく

「あれ???
 そんなものなの???」

と思われる方もすくなくないのではないか?と思います。

 

この記事を見たとき、
お恥ずかしながら神田自身もそう思ってしまいました、、、(汗)。

(ちゃんと計算してみると、実は納得できますが(苦笑))

 

ただ、このモデルケースの方は
おそらく年収でいうと1100~1200万円くらいは
いっているのではないかと思います。

 

というのも、

50万円×12か月+100万円×ボーナス2回分
 = 800万円

ということになって、年収が1000万円とすると、
税金を200万ほどしか払っていない計算となります。

(住宅ローン減税や、扶養控除など、
様々なものを駆使した結果かもしれませんが、、、(汗))

 

そして、下記のような書き込みも見受けられますが、
上記の数字と比較すると、だいぶリアリティのある数字であると思います。

 

年収1千万なのですが、手取りが毎月47万ボーナス2回で80万づつ
友人に手取りが少なく驚かれたのですが、少ないのでしょうか。

(引用元:ヤフー知恵袋より)

 

 

およそ1000万円から税金を引いた手取り額というのは、
およそ「730万円程度(※)」ということになります。
このお金は当然全部使っていいお金ではないですし、
ここから貯金や投資資金の捻出をする必要があるわけです。

※47万×12か月+80万×2回=724万

 

ましてや一人暮らしであれば、
十分な生活ができるかもしれませんが、
養うべき家族がいれば、対して裕福な生活が
送れないのではないかということが予想されます。

 

神田も製薬会社にいたころ、
年収800万円の先輩が
おこずかい2万円だってぼやいてましたから、、、

(ランチは社食で、その分は支給されるらしいのですが、
300円×20日=6000円なので、
実質26000円という超絶少ないおこずかいなのです、、、)

 

成功と思われている年収1000万円の方の実態を見ると、
意外と気が遠くなりそうな気がしないでもありません。

 

しかし、年収1000万円は成功者、
といういイメージがあるせいか、
そういう方々は強気な消費・浪費を行う傾向にあって、
意外と貯蓄が少なかったりするようです。

 

なので、実際年収が下がってしまったときに、
生活水準を落とすことができず、
生活が破たんしていくケースが少なくありません。

 

お金を稼ぐよりも、お金を残せる人の方が優れていますし、
マネーリテラシーがきちんとあれば、
年収1000万円で成功したということができるはずです。

 

ぜひ、年収を一つの指標とするのは良いと思いますが、
ご自身の考え方、お金の見方、扱い方を
しっかりとしたものへとしてまいりたいものですね。

 

【関連記事】

・年収1000万円の実態「年収1000万円では贅沢できない」その理由

 


コメントを残す