金のアービトラージ?「金密輸」という怪しいビジネスのお話

神田のもとに何やら怪しげなお話が舞い込んでまいりました。

 

その取り扱われるものは

「金」

なのだそうです。

 

金というのは現在「1キロ」あたり「450万円」ほどとなっていまして、
これを海外で購入し、日本で売却をすると
それだけで利益が出るのだそうです。

 

いわゆる価格差に目を付けた
「アービトラージ」ともいえる考え方になりまして、
神田としても非常に関心を持った内容なのです。

(最後まで話を伺ってみて、正直困りましたが、、、(苦笑))

 

この儲けのからくりを紐解くのに
必要なキーワードは

「8%の消費税」

です。

 

というのは、海外の金購入に消費税がかからない国や、
海外に持ち出すときに消費税が還付される国に目を付け、
そこで金を購入するのだそうです。

 

その購入した金を日本で売却すれば、
8%分の消費税が上乗せされた金額で売却ができる
ということになります。

 

つまり、8%の消費税がまるまる利益になるというわけです。

 

金アービトラージ(?)の取引をシミュレーションしてみると

これを分かりやすくするため「シミュレーション」してみると

金は1キロ450万円なので(2016年9月11日現在)、
1000万円の資金があれば2キロほど購入できます。
(この場合「900万円」の仕入れとなります)

 

これを日本で売れば「8%」ついた金額で売ることができるので、
「972万円」での売却となり、「72万円」の粗利が得られるという
ものすごい話なのです。

 

ただし、正規ルートで金を持ち込むと、
その時点で消費税を支払う必要があるそうで、

「900万円」で買い付けた後、普通に日本に持ち込むと
「72万円」を支払う必要が発生するため、
日本で売っても「トントン」となってしまうわけです。

 

そこを、特殊な持ち込み方をすることで、
持ち込み時の払うべき消費税を払わずして、
差益の「72万円」を得てしまおう、 ということでした。

 

いろんな方がこれをビジネス(しのぎ?(笑))としているそうで、
いろんな方法を考えている人がいるそうです。

 

そんなわけで、ここでその聞いた方法を公開してしまうと、
神田がばらしたことがばれてしまいますので、
ひっそりと胸の奥底にしまってまいります。

 

といっても、だいぶアナログな、
「それでほんとに大丈夫???」
というような方法でしたが。

※一応構想段階の方法はだいぶ素晴らしい方法でした

 

その頭脳をもっと別のことに使ったら、
もっと社会意義のあるビジネスができるのではないか、
などと感じてしまいましたが、、、(汗)。

 

金アービトラージは投資ではなく「金密輸ビジネス」という意味

そして、一応
これはビジネスでも投資でもなくて、
消費税を払わず、消費税を受け取るという意味で
「脱税」ですので、お気を付けくださいね、、、(汗)。

(そういう意味で、商売やビジネスではなくて、
しのぎ、みたいな印象の強い経済活動に見えるなぁと、
ふと思った次第です)

 

また、脱税であるため、それが発覚したのち、
もし悪質とみられた場合、ペナルティとして、
「消費税」+「それ以上の支払い」が発生するそうです。

 

なので、そのペナルティが商売と考える上での損失となるため、
この情報を調べていらっしゃる方はこの金アービトラージ(金密輸ビジネス)は
「決して左うちわの儲け話ではない」ということを
理解しておくのが良いのではないかと思います。

 

経済活動を行っていると、こういった情報も入ってくるので、
きちんと精査して取り組むビジネスや商売を
選んでまいりたいものだと思いました。

 

【関連記事】

金を密輸がはやる日本の背景と密輸者のリスクについて

「金塊6億円強奪」事件に潜む金密輸ビジネスの「たたき」リスク

金の密輸業者が狙われている?金密輸ビジネスの終焉か

 


コメントを残す