マルチシグとは?マルチシグとシングルシグの見分け方

coin check(コインチェック)から
巨額のXEM(ネム)という仮想通貨が盗まれました。

 

その額580億円相当と言われています。
過去に金塊が7億円盗まれて大騒動となっていましたが、
仮想通貨の盗難はスケールが違いすぎて、
なんだか映画の中の話のようで、
正直実感がわきませんでした、、、。

 

とか言ってみたものの、神田もコインチェックで口座を持っていましたので、
実は「当事者」という笑えない出来事だったのです(苦笑)。

 

580億円をイメージしやすいような一例を見てみると、、、

スカイツリーの建設費が450億円、
JR新宿ミライナタワーの総事業費は580億円

だそうなので、スカイツリーがもう一本、
ミライナタワーがもう一棟建ってしまいます、、、(汗)。

 

また、ボーイング787は一機が1.8億ドル(200億円くらい)
F-35戦闘機が値下がりして大体150億円くらいらしいので、
2~3台の飛行機が買えちゃいます。

 

これらの現物を盗むのであれば相当大変でしょうが、
ハッカーがやってのけたのは誰にも気づかれず、
さらっと盗んでしまったのです。

(きっと自分たちには分からない程の
用意周到な準備や計画があったのかもしれませんが)
しかし、本日のニュースでは

 

「大塚氏は「流出後の経路を追うことができる。どこにあるのか把握している。現金化された痕跡はない」と強調。現在、流出したネムを取り戻す方法を検討していると説明した。」

(引用元:こちら

 

とのことなので、
ハッカーも引き出せていないようで、
ここからどう現金化するのかということが難しいといえそうです。

 

ブロックチェーン技術を使ったら、
追跡はどこまででもできるそうなので、
出金をした時点で口座凍結、
銀行窓口に言った時点でお縄頂戴、
ということになるのでしょうか。

今後の展開が気になっている次第です。

 

さて、今回の件が明るみに出て、
コインチェックの役員が開いた記者会見で、
何度も指摘された「セキュリティの甘さ」ですが、
マルチシグではなくシングルシグでの管理が問題だった
言われています。

 

 

マルチシグ1

※出元は日経新聞です

 

 

このニュース・記者会見を見ていて、神田自身も「マルチシグってなんだ?」
と思い調べてみたのでまとめてみました。

 

「マルチシグ」とは?

マルチシグというのは、
マルチ・シグネチャー「Multi signature」の略称となります。

 

「multi」は「複数」という意味で、
「sigunature」はサイン・署名という意味になります。

 

つまるところ、複数の署名、
今回で言うと複数のカギで管理をすることを
「マルチシグ」と呼んでいるということになります。

 

通常の「シングルシグ」ですと、
言葉通り秘密鍵「1つ」でログインや送金などの手続きを行いますが、
マルチシグだと秘密鍵が「3つ」になります。

 

「2of3」というそうですが、
3つの秘密鍵のうち2つがあれば承認作業をパスし、
仮想通貨の入出金が可能となります。

 

そのため、仮に1つの秘密鍵が盗まれたとしても、
残り2つの秘密鍵が分からなければ、
承認作業をパスすることができず、
自身の資産は守られるわけです。

 

コインチェックの経営資源的に、
XEMのマルチシグ対応が追い付いていなかったとのことですが、
それでセキュリティに万全を期していた、
と言うには中々無理がありそうですね(汗)。

 

マーケティングの上手い企業と、技術力のある企業は違う、
という良い例なのかもしれません。

 

しかし、コインチェックは商売がうまく、
結果補填するだけの体力を持っていたようですので、
大きなトラブルになることなく、投資家の資金を
ぜひ守っていただきたいところです。

(神田の資金もいくらか入っていますので、、、(汗))

 

マルチシグとシングルシグを見分ける簡単な方法

自分の口座がマルチシグなのか、シングルシグなのか
見分ける非常に簡単な方法があります。

 

ビットコインアドレス(27~34文字の英数字)を見てみると、
最初の数字が1か3かのどちらかで始まっているはずです、

この数字が「1」なら「シングルシグ」
これが「3」なら「マルチシグ」

というだけなのです。

 

しかし、こうやって見てみると、
意外とシングルシグの取引所が多いような気がして、
若干不安を感じています、、、(汗)。

 

マルチシグだから安心、
というわけでももちろんありませんし、
取引所に置いておく以上は、
常にハッキングのリスクにさらされている状況、
ということにもなります。

 

改めて、安全な管理方法を調べ、
実践してまいりたいと思います。

 

 

仮想通貨関連のメルマガの登録はこちら

⇒ 仮想通貨の極秘ICO・急騰情報配信メルマガ

Line@でも情報発信をしていますので、
良ければ両方ご登録ください。

⇒ 仮想通貨の極秘ICO・急騰情報配信LINE@

神田翼メールマガジン

【 神田翼 公式LINE@ 無料登録 】

インターネットだけで稼ぐノウハウや、会社に頼らない収入の作り方、実践して初月からノウハウや仮想通貨をノーリスクでかつ無料で手に入れるノウハウ等、有益な情報を配信しています ^ ^




【スワップアービトラージ実践マニュアル】


FX未経験者でも「実践初日」から、 毎日毎日「日給」のような利益が出る 「スワップアービトラージ」の実践マニュアルを 「無料」でお配りしています^^

関連記事

資産ゼロから仮想通貨投資(暗号通貨投資)を始める方法

仮想通貨(暗号通貨)というのは大きく膨らむチャンスとはいえ、 先立つものがなければ投資ができないの

記事を読む

ノアコイン(仮想通貨)を購入して夢は買えるのか?

「スキルもいらない、知識もいらない、人脈もいらない、 時間もかからない、お金も要らない。 さ

記事を読む

ビットコイン急落の背景、ビットコインの注意すべき特徴とは?

今週末(2017年1月6日(木))2日間かけて、 ビットコインが急落しました。 

記事を読む

ハードウエアウォレットを使って仮想通貨を安全に保管する方法

仮想通貨を安全に保管する方法の一つとして、 「ハードウエアウォレット」を使った保存方法があります。

記事を読む

バウンティプログラムとは?~無料・無リスクで仮想通貨を手に入れる方法~

仮想通貨は通貨なので、 基本的には法定通貨(日本で言えば日本円)と 両替をすることで手に入れるの

記事を読む

急ぎの海外送金を「数分」で着金まで完了させる方法

国際送金サービス大手ウェスタンユニオンが、 リップルのXRPトークンを使った決済システム xRa

記事を読む

ビットコインのアービトラージファンドに注意

「ビットコインでアービトラージができる」という話題を最近になってよく耳にするようになったので

記事を読む

ビットコインで資産形成をする方法

神田が開設している某FX会社にて たまたまいろんな通貨ペアをちらちら見ていると「BTCUS

記事を読む

ビットコイン(仮想通貨)のアービトラージはシステムなしでもできるのか???

最近ビットコインに限らず、 様々な仮想通貨でアービトラージができる、 ということで神田の周りでも

記事を読む

ムーバー(Moover)という仮想通貨のICOの買い方

ムーバー(Moover)というICOが2月1日から 募集受付開始となっています。 

記事を読む

神田翼メールマガジン

【 神田翼 公式LINE@ 無料登録 】

インターネットだけで稼ぐノウハウや、会社に頼らない収入の作り方、実践して初月からノウハウや仮想通貨をノーリスクでかつ無料で手に入れるノウハウ等、有益な情報を配信しています ^ ^




【スワップアービトラージ実践マニュアル】


FX未経験者でも「実践初日」から、 毎日毎日「日給」のような利益が出る 「スワップアービトラージ」の実践マニュアルを 「無料」でお配りしています^^

Message

神田翼メールマガジン

【 神田翼 公式LINE@ 無料登録 】

インターネットだけで稼ぐノウハウや、会社に頼らない収入の作り方、実践して初月からノウハウや仮想通貨をノーリスクでかつ無料で手に入れるノウハウ等、有益な情報を配信しています ^ ^




【スワップアービトラージ実践マニュアル】


FX未経験者でも「実践初日」から、 毎日毎日「日給」のような利益が出る 「スワップアービトラージ」の実践マニュアルを 「無料」でお配りしています^^

音声データを「自動」で「文字」に書き起こす方法~YouTubeの字幕データをダウンロードする方法~

以前、「音声データを「自動」で「文字」に書き起こす方法  g

ツイッターのフォロワーに表示されないフォロワーとは?フォロワー数が合わない理由

最近ツイッターでの集客をと思い、 ツイッター集客のプロに弟子入りして

ICOの裏側 ICOで本当に儲かっているのはどこなのか?

先日、『仮想通貨オフ会』というものに参加して来ました。

ウォーレンバフェット氏の「死後の運用方法(資産運用方法)」~サラリーマンでも実践可能・高パフォーマンスな投資方法とは~

かの天才投資家であり、 世界一の資産を築いた一人でもある「ウ

仕事の悩みランキングから見るサラリーマンを続けることの問題点とその解決策とは

とある人事担当者の方が 1000人以上の面談から集計をした 「仕事

→もっと見る

  • FBボタン
    ↑お気軽に友達申請をしてください ^ ^
PAGE TOP ↑