ハードウエアウォレットを使って仮想通貨を安全に保管する方法

仮想通貨を安全に保管する方法の一つとして、
「ハードウエアウォレット」を使った保存方法があります。

 

このハードウエアウォレットというのは、
「こちらの記事」の中で解説しております、

「オフライン型ウォレット(コールドウォレット)」

に分類されるものになりまして、
ハッキングリスクの最も小さいウォレットの一つ
となります。

※もう一つの代表的なオフライン型ウォレット
(コールドウォレット)はペーパーウォレットになります。

 

この「ハードウェアウォレット」というのは、
オフライン型ウォレットの中でも、ビットコインをはじめとする暗号通貨を
安全に保管する「デバイス型のウォレット」のこととなります。

 

取引所でアクティブに取引をする、
もしくは、買い物や支払いなどに使うなど用の仮想通貨は
取引所やオンラインウォレットに入れておく必要がありますが、
原則それ以外の仮想通貨(ビットコイン)は
ハードウエアウォレットに入れておくことを推奨いたします。

 

しかし、ハードウエアウォレットといわれても、

「いったいどんなものなのだろうか???」

とイメージがつかない方は多いのではないでしょうか。

 

そこで、こちらの記事では実際にその商品を見て
そのハードウエアウォレットの解説をしてまいりたいと思います。

 

代表的なハードウエアウォレット

最も代表的なハードウエアウォレットとして
下記の3つを見てまいりましょう。

 

(1)Ledger Nano S (レジャーナノエス)
(2)TREZOR(トレザー)
(3)Keepkey(キープキー)

 

(1)Ledger Nano S (レジャーナノエス)

 

Ledger Nano S (レジャーナノエス)はフランスの
レジャー社が販売しているハードウェアウォレットになります。

 

対応している仮想通貨が非常に多いのが特徴で、
20種類を超える仮想通貨(暗号通貨)の保管が可能です。

 

保管できる仮想通貨としては、
ビットコイン、ビットコインキャッシュ、ビットコインゴールド、
リップル、ジーキャッシュ、ダッシュ、ライトコイン、ネオ、
ストラティス、イーサリアム、イーサリアムクラシック、アーク、
コモド、オーガー等、まだまだ使える通貨の種類は増えて行くとのことです。

 

また、日本国内でも手に入りやすく、
20000円以内程度で入手ができます。

 

 (2)TREZOR(トレザー)

保管できる仮想通貨としては、
ビットコイン、ライトコイン、ダッシュ、イーサリアム、
イーサリアムクラシック、ネム、ダッシュ、ドッジコイン、
等、Ledger Nano S よりは対応通貨が少なくなりますが、

NEM(ネム)はLedger Nano S が未対応ですので、
必要に応じて使い分けをしてみるとよいかもしれませんね。

 

 

 (3)Keepkey(キープキー)

保管できるコインは
ビットコイン、ライトコイン、ダッシュ、イーサリアム、
ネム、ダッシュ、ドッジコイン、等、
やはりLedger Nano S よりは少なくなりますが、
ネムを保存できるという意味で特徴があると言えます。

 

また、画面が大きく、使いやすさや
初心者でも安心感があると言えます。

 

これらのハードウエアウォレットは
どれが優れているということはなく、
コールドウォレットとして仮想通貨の保全ができますので、
自分のお持ちの仮想通貨に応じて、
必要なものを使ってみるというのがよろしいかと思います。

もしご不安な場合は、
ご購入の前にご相談をいただけたら、
お教えできることもあるかと思いますので
お気軽にどうぞ ^ ^
ご質問はライン@やメールから
いただけたらと思います。

 

仮想通貨関連のメルマガの登録はこちら

⇒ 仮想通貨の極秘ICO・急騰情報配信メルマガ

Line@でも情報発信をしていますので、
良ければ両方ご登録ください。

⇒ 仮想通貨の極秘ICO・急騰情報配信LINE@

神田翼メールマガジン

【 神田翼 公式LINE@ 無料登録 】

インターネットだけで稼ぐノウハウや、会社に頼らない収入の作り方、実践して初月からノウハウや仮想通貨をノーリスクでかつ無料で手に入れるノウハウ等、有益な情報を配信しています ^ ^




【スワップアービトラージ実践マニュアル】


FX未経験者でも「実践初日」から、 毎日毎日「日給」のような利益が出る 「スワップアービトラージ」の実践マニュアルを 「無料」でお配りしています^^

コメントを残す