急ぎの海外送金を「数分」で着金まで完了させる方法

国際送金サービス大手ウェスタンユニオンが、
リップルのXRPトークンを使った決済システム
xRapidをテスト運用しているとのこと。

 

噂では1ヶ月以上前から囁かれてきましたが、
今回CEOによる発言などを通して
正式に確認された形となります。

https://bloom.bg/2F2VsmP

 

このニュースが先日耳に飛び込んできて、
リップルが国際送金のサービスに利用されていることが、
非常に心強く、かつ楽しみに感じた次第です。

 

しかし、このウエスタンユニオンという会社は
一体何をしている会社なのでしょうか?

 

それが本ブログ記事のタイトル

「海外送金を数分で着金まで完了させる方法」

ともいえるサービスを提供している、
国際送金サービス提供業者なのです。

 

ウエスタンユニオンという会社は、
何をやっている会社かというと、
通常銀行を経由した海外送金をすると、
送金から着金まで「数日」かかりますが、
それを最短「数分」で着金までさせてしまう
というサービスなのです。

 

何をしているのかということを解説すると、、、

 

例えば日本からアメリカに10万円を送金したいと思ったら、

1)日本でウエスタンユニオン社に10万円を渡す、
2)ウェスタンユニオン社のアメリカの店舗から、
受取人が10万円を受け取る(おそらく米ドルでの受け取り)

ということになるわけです。

 

要するに、ウエスタンユニオン社は、
俺に10万円くれたら、アメリカの銀行口座に10万円分のドルがあるから、
それをあげますよ、ということをやっているわけです。

お金の融通をしているわけですね。

 

世にはびこる地下送金屋さんは、
これを無許可でやっているわけですが、
それが大きくまっとうになるとこういう業者になるわけですね。

 

もちろん、時差や、店舗の通貨の在庫量などで、
現金受け取りができない可能性がありますので、
確実に「数分」ということはできませんが、
その店舗の在庫量などをあらかじめ確認しておけば、
それほど苦労することはないはずです。

 

なので、急ぎの海外送金を行う場合は、
銀行送金ではなく、ウェスタンユニオン社のサービスを使ってみると、
「都合がよい」ということもあるのではないかと思います。

 

というわけで、
「急ぎの海外送金を「数分」で着金まで完了させる方法」
というのはウエスタンユニオン社の海外送金サービスを使う、
というだけの非常にいたってシンプルな内容でした。

 

知っているか知らないかだけなのですが、
もし初めて知ったという方につきましては、
ぜひこの情報がお役に立てば幸いです ^ ^

 

なお、最近ではコンビニや、大黒屋、両替所
等がこのサービスの代理店になっているので、
送金をしたいという場合は、一度御確認をしてみてください ^ ^

⇒ ちなみにウェスタンユニオン社のホームページはこちらからご覧になれます ^ ^

 

コメントを残す