Twitterの背景画像の選び方と設定方法、ヘッダー画像の最適なサイズとは?

Twitterのアカウントの開設ができて、
アイコン画像を選んだら、次にすることは
背景画像(ヘッダー画像)選びですね。

➡ Twitterのアカウント開設方法はこちらで解説しています

➡ Twitterのアイコン画像を選ぶ方法と適正サイズについてはこちらで解説しています。

 

Twitterの背景画像(ヘッダー画像)というのは
設定しなくてもそれほど大きな影響はありません。

 

もし、アイコン画像が何もないと
人間で言えば、「顔を隠した状態」のようなものなので、
なんだか不気味な感じがしてしまいます。

 

なので絶対的に必要なのがアイコン画像ですが、
背景画像(ヘッダー画像)はなかったらなかったでも、
アカウントの運営は可能です。

 

でも、やっぱり無地の背景よりは、
せっかくあなたのアカウントが表現できる部分でもあるので、
あなたの世界観やアカウントで伝えたいことを
しっかりと伝えるというのが良いですね。

 

また、この画像を入れておいた方が、
凝っている感じがしますので、
集客やビジネスに使うのであれば、
やはり適切なものを設定したいところです。

 

そこで今回の動画・記事では、
Twitterの背景画像(ヘッダー画像)の選び方と、
その適正サイズについて解説してまいります。

 

 

Twitterの背景画像(ヘッダー画像)の適正サイズについて

 

Twitterの背景画像(ヘッダー画像)の適正サイズは、

サイズ:1500ピクセル × 500ピクセル
ファイルの大きさ:10MBまで
ファイル形式:JPEG・PNG

です。

 

これより小さい画像を設定すると、
無理やり拡大して表示するため、
粗い画像の状態になってしまい、ぼやけてしまった
状態で表示されるので、ご注意ください。

 

ぼやけた背景画像を見ると、
ちょっと適当な感じがしたり、
雑なアカウント(雑な人)と感じられかねませんので、
もったいないですからね。

 

また、もしヘッダー画像(背景画像)に文字などを入れる場合、
アイコン画像がかぶりますので、その部分が
隠れてしまうことを想定して作成しましょう。

※下の画像のようにアイコン画像が一部かぶります。

 

また、メッセージなどは画像のはしに記載すると
切れてしまことも想定して、
画像の中心部分に入れるのが良いですね。

 

メッセージがない場合でも、
メインの画像が切れてしまわないように
作成したら一度設定して、表示を確認しながら
微調整してまいりましょう。

 

Twitterアカウントの背景画像(ヘッダー画像)の選び方

 

これはアイコン画像の選び方と
基本的な考え方は一緒です。

 

あなたのアカウントに訪問した人が、
最初に見るのがアイコン画像、
そして背景画像(ヘッダー画像)ですね。

 

なので、あなたがアカウントを見た人に、

どんな印象を与えたいか、
どんな風に感じてほしいのか、

ということを考えてみてください。

 

これは色んなアカウントを見てみて、
自分がどう感じたのか、
というリサーチをしてみてくださいね。

 

ここで大きく外してしまうと、
フォローしてもらえなかったり、
別のアカウントのページに行ってしまったりと
集客につながらなくなってしまいます。

 

といっても、100%
すべての人が良い反応をするもの
というのは存在していません。

 

なので、あなたの伝えたい内容が
伝わる画像を選ぶということを心がけてください。

 

高層タワーマンションからの夜景や、
フェラーリ・ランボルギーニなどの車の画像など、
「ギラギラ系」な画像であれば、

やはり成功者、ビジネスマン、お金持ち、
といったイメージを伝えられるはずです。

 

海辺のリゾート画像であれば、
自由で、優雅なイメージ

オフィスやビジネスの商談シーン
(スーツ姿の男性が握手してるシーン等)
であれば、かっちりしたビジネスアカウントのイメージ

パーティーの画像であったら、
リア充であったり、いわゆるウェイ系のアカウント

おしゃれなカフェの画像であれば、
ノマド感が演出できます。

 

という感じで、
背景画像(ヘッダー画像)次第で
そのアカウントの方向性もだいぶ変わります。

 

なので、そのアカウントの方向性を決め、
アイコン画像を設定したら、
背景画像(ヘッダー画像)もその方向性に
合わせたものを選ぶようにしてくださいね。

 

もちろん、アイコン画像がカフェ画像で、
ヘッダー画像もカフェ画像とするよりは、

ヘッダー画像がカフェ画像で、
アイコン画像がパソコンの画像
といった感じであれば、
ノマド感がより強く表現できますよね。

 

これはあくまで組み合わせの考え方であって、
この組み合わせがいいとは限りません。
(画像によるし、ノマド感を出す
必要があるかどうかもありますので)

 

Twitterアカウントの背景画像(ヘッダー画像)の設定手順

 

Twitterの背景画像(ヘッダー画像)の
設定手順は、非常に簡単です。

 

ツイッターアカウントにログインした状態で、
下記画像の「プロフィールを編集」をクリックします。

 

すると下記画面となりますので、
「ヘッダー画像を変更する」
をクリックします。

 

表示されるメニュー画面から、
「画像をアップロード」
をクリックします。

 

すると画像の選択画面となりますので、
ここから画像を選択したら、
設定ができます。

 

背景画像(ヘッダー画像)の作り方

 

ヘッダー画像を作るには、
画像編集ソフトが必要です。

 

Photshopイラストレーターなど、
有料のソフトを購入していればそれでも良いですし、
もし無料の画像編集ソフトを使うのであれば、
「Photscape」はお勧めですよ。

 

Photscapeの使い方はこちらで解説していますので、
良かったらご参照ください。

➡ Photoscape(無料の画像編集ソフト)のダウンロードと使い方

 

気に入った画像があれば、
スクリーンショットで切り抜いて使ってもいいですし、
そこに文字などを入れてもよいですし、
色々工夫ができるので、ぜひお試しになってくださいね。

 

 

ということで、Twitterアカウントの
背景画像(ヘッダー画像)の
設定方法について解説してまいりました。

 

ぜひあなたのアカウントにピッタリなヘッダー画像を選んで、
ツイッター集客にお役立てください ^ ^

コメントを残す