Twitter自動集客ツールが完成!DM自動送信もできる、ADSオートツール&フォローマティックの代用ツール「Twing」

こんにちは神田つばさです!

>>神田つばさのプロフィールはこちらから

 

あなたのビジネスは
集客が順調にできていますか?

集客を考えるうえで絶対に
取り組むべきものの一つがSNSなのですが、
Twitterはその中でも最もお勧めしている
SNSになります。

 

というのも、Twitterというのは、
初心者の方でもすぐに集客効果を得やすい
即効性の高いメディアで、私自身はもちろん、
私のクライアントさんたちも毎日安定した集客を
Twitterから行っているからなんです。

Twitterといえば規制が厳しいことでも有名ですが
そのおかげでライバルも減っていますので、
まだまだ十分に集客ができるSNSなんですよ。

 

ただしその一方で、
度重なる仕様変更によって、使える
Twitterツールというのがあまり多くない
というのが現状です。

そこで今回、
Twitter集客用のツールを
仲の良いプログラマさんにお願いし、
今回より凍結がしにくく、より効率よく
集客効果が得らえるツールを作りました。

 

本記事では、今回作りました
Twitter自動集客の支援ツールである
「Twing」の機能の紹介や使い方について
解説をしてまいりたいと思います。

 

Twitter集客で凍結リスクを回避する方法(Twingの特徴について)

Twitterツール「twing」はログイン方式を採用

 

Twitterのツールには
API方式ログイン方式で動く
2タイプがあります。

APIは何かというと
「アプリケーション
 プログラミングインタフェース」
の略語で、Twitter上で動くプログラムや
アプリからあなたのアカウントに
動作指示を伝える経路になります。

そのため、API方式で動かすと、
「これプログラムで動かしているやつじゃん」
とtwitter社に認識されやすくなり、
凍結リスクがぐんと高まってしまうんです。

 

有名どころだと
Twittなんかはこちらの
API方式を採用していますが、
できれば基本はログイン方式のツールを
選ぶのがお勧めです。

今回作成しました
Twitter自動集客ツール「Twing」は
ログイン方式を採用していますので、
このリスクはゼロということになります。

 

Twitterアカウントのログイン時のIPアドレスを分散させよう

 

また、Twitterで複数アカウントを
運用する場合、IPアドレスをアカウントごと
に切り分ける必要があります。

 

というのも、同一のIPで複製の
Twitterアカウントを使っていると、
アカウントでフォローやイイネをしすぎて
ロック・凍結がされた際、連鎖ロックや
連鎖凍結をしてしまう可能性があるからなんです。

 

フォローマティックや
ADSオートツールは基本同一IPで
全てのアカウントを使うツールでしたので、
このリスクを回避することができませんでした。

(フォローマティック&ADSオートツールは
今現在販売を中止していますが)

 

Twingではこの課題もクリアし、
各アカウントで別々のIPを割り当て
運用をすることが可能になっています。

そのため、このリスクも
回避することができるため、
非常にロック・凍結リスクを軽減した
Twitter集客を可能にしてくれるツールなんです。

 

Twitter集客の役立つTwingの4つの機能について

それではここからは
Twitter自動集客ツールである『Twing』の
機能の紹介をしてまいりたいと思います。

 

Twingには下記の4つの機能があります。

1.自動フォロー機能
2.自動アンフォロー機能
3.自動イイね機能
4.自動DM送信機能

それでは一つずつ見てまいりましょう。

1.自動フォロー機能

 

自動フォロー機能はまさに言葉の通り
『自動でフォローをしてくれる機能』
になります。

通常Twitterで
フォロワーを増やすためには、
「自分からフォローをする」
というのが一番効率的なんです。

というのも、フォローをすると
相手に「あなたがフォローをした」
ということが通知されるため、
「誰だろう?」とあなたのアカウントを
チェックしてくれるからなんですね。

 

そこで、相手があなたに興味を持てば、
フォローバックをしてくれて
フォロワーが増えるという
ことなんです。

この作業を手作業で行っていたら
いくら時間があっても足りませんから、
こういった単純作業はTwingに
任せてしまいましょう。

 

また、フォローをする方法も
下記の通り2種類あるので、

・特定のアカウントの
 フォロワーをフォローする方法
・特定のキーワードを使っている
 アカウントの一覧をフォローする方法

あなたの目的に合わせて
ターゲットを絞り込んでフォローが
できてしまいます。

 

ぜひこちらの機能を使って、
どんどんフォロワーを
増やしてまいりましょう。

 

2.自動アンフォロー機能

 

そして2つ目の機能が
「自動アンフォロー機能」
になります。

 

フォローをどんどんしていくと、
フォローバックをしてくれない
アカウントがある一定数出てきます。

 

そのアカウントをそのままにしておくと

フォロー:2000
フォロワー:800

見たいな状態になり、
FF比率(フォローフォロワー比率)
バランスが悪く、見栄えの悪い状態に
なってしまいます。

 

そのため、フォローバックを
してくれないアカウントは定期的に
フォローを外して整理する
必要があるわけなんです。

そこで、この機能を使うと、
フォローバックをしてくれていない
アカウントを抽出して、自動で
アンフォローをしてくれます。

 

こちらを使うことで、
FF比率をぜひきれいな状態に
保っていきましょう。

 

3.自動イイね機能

 

また、あなたのアカウントの存在を
相手に知らせるのはフォロー
だけではありません。

ツイート文へのいいねをしても
あなたがいいねをしたことが相手の
アカウントに通知されますので、
相手があなたのアカウントを見てもらえ、
アカウントの露出を増やすことが
可能になります。

 

こちらの自動イイね機能を使うと、

「特定のキーワードを使っている
 ツイート文への自動イイね」

ができますので、広くアプローチを
することができてしまいます。

 

また、その他でも、
Twitterのリストにあなたのお気に入りの
アカウントをまとめておくと、
その方達がツイートしたものだけに
いいねを送ることもできてしまいます。

なので、よくいいねをしてくれる方に
集中していいねを返すこともできますから、
そうすることによってよりあなたのツイートへの
いいねを集めることも可能なんです。

 

ぜひこの自動イイねを使うことで、
あなたのアカウントの露出を増やしたり、
あなたのツイート文へのいいねを増やしたり、
目的に合わせてご活用になってみてくださいね。

 

4.自動DM送信機能

 

そして集客をする上で
最も効果が高いのが、この
自動DM送信機能になります。

こちらの機能を使うと
あなたのフォロワーさんに
DMを自動で送ることができます。

 

フォローバックをしてくれた際に
挨拶メッセージを送ったり、
あなたのサイトやLPのリンクを届けたり、
使い方によっては最も集客効果を
得やすい機能になっています。

 

また、このDMの送信方法には
2種類があります。

 

1つ目が

「あなたのことを新規でフォロー
 してくれたアカウントにDMを送る」

という方法と、2つ目が

「あなたの既存の
 フォロワーさんにDMを送る方法」

になります。

 

1つ目のものは、
新規でフォローをしてくれたタイミング、
フォロワーさんが増えたタイミングで
その増加をTwingが認識してDMを
送ってくれるということになります。

あなたをフォローをしてくれた瞬間って
あなたのアカウントのことを覚えていますから、
DMを送った時に開封率が格段に
高くなります。

 

なのでフォローをしてもらい、
その少し後にDMを送るということで
DMの効果を最大限に高めることが可能
ということになります。

 

また、フォロワーさんへの
DM送信は、フォロー直後ではなく、
あなたの送信したいタイミングで
メッセージを送ることができます。

なので、改めて新しいメッセージを
送りたいという際に使うと効果的に
活用することが可能です。

 

Twingを使う方法と手順について

 

Twingを使いたいという場合は、
下記のリンクから利用申請を
していただく必要があります。

Twingはもともと神田のクライアントさんの
サポート用として開発したものになりますが、
ソフトウェアとしてサーバー代やメンテナンス代が
必要になりますので、そのコスト分をご負担いただく形で
サブスクリプション形式を採用しています。

しかしその分、低リスクで使える
Twitter自動集客ツールとなりました。

 

サブスクリプション価格は

1アカウント版:2,000円(税別)
5アカウント版:5,000円(税別)

となっていますので、
ぜひ下記リンクをクリックしてご確認の上
お申し込みをいただけましたら幸いです。

(ご希望者には10アカウント版や
アカウント無制限版もご提供可能です)

⇒ Twingの利用を申し込みする

 

お申し込み後、ユーザーマニュアルと
ライセンスキーが届きますので、
手順に従って、Twingのダウンロード
を行いご利用をスタートしていきましょう。

※一か月ごとの利用更新になりますので、
更新日の3営業日前までに解約の申請をすれば
解約が可能になりますのでご安心ください。

 

この記事をご覧の方限定で
「1週間」の試用期間を「無料」でプレゼント!

 

と、ここまでTwingの機能紹介や
ご利用申請の仕方について解説を
してきましたが、

「いきなり有料は、、、」

なんて方もいるかもしれません。

 

そこで、こちらの記事を
みてくださっている方限定で、
「1週間のお試し利用」「無料」
できるように準備をしてまいりました。

 

下記のフォームから、
Twingの1週間お試し利用申請を
していただけましたら、

・Twingのダウンロードリンク
・ライセンス認証用キー(試用版)

をお届けしてまいりますので、
ぜひご活用くださればと思います ^ ^

⇒ 早速Twingの1週間お試し利用申請をしてみる

 

ご質問等があれば、
お気軽にラインやメールから
神田までお声掛けください。

ぜひTwingを使って
ガシガシTwitter集客を
してまいりましょう ^ ^


 

 
 
 

コメントを残す