NTアービの自動売買システムを導入結果、その後どうなっているか

ここ最近NTアービトラージの
自動売買システムを導入し、
運用を行っていました。

 

結構ひっそりと。

 

なんか損したら公開するの嫌だなと、
なんて思っていたのですが、微妙に深みにはまったようで、
若干の含み損を抱えています、、、。

(でなぜか久しぶりのブログ更新で公開するという(笑))

 

こちらの「神の数式研究所」さんの
「アービマスターD3」というものを導入しております。

 

なんだかとっても「高性能」ということで、
利益もコツコツ積みあがっているその結果も公開しているので、
それなら実際に会いに行ってみようと思い、
長野県は松本のログハウスに行ってまいりました。

 

ログハウス

 

神田のブログにNTアービと検索で来た方であれば
もしかしたら既に知っているかもしれませんね ^ ^

 

※過去記事でもNTアービのセミナーに行ったことを
書いた記事がありますが、こちらの代表者の方のセミナーでした。

⇒ 「NTアービトラージ」の手法を無料でもらい、ノーリスクで「5000円」をもらう方法

 

さて、代表者の三澤さんという方は、
とても気さくで良い方でして、
ご自身もトレーダーとして運用も行っていらっしゃる、
大変研究熱心な方でした。

 

神田のメルマガなどで以前にご紹介をしていた
NTアービの手法でも、日経225とTOPIXの
過去データの引用元でもあった「225LABO」
立ち上げた方でもあります。

 

NTアービの研究歴を考えても、
第一人者であろうと、そう思い、
質問もあらかた聞いて、なるほどと、
実際運用をしてみないと分からないな、
と思い即決で購入をいたしました。
そこで運用を行ってみたところ、、、

 

最初のうちは順調に利益を出していましたが、
ここ最近のNT倍率の下落で、
中々大きく含み損を抱えてしまいました(汗)。

 

NT倍率は現在「12.34」
神田が取引をスタートしたのが
「12.50」ですので、実に結構な下落を見せています。

(NT倍率としては結構な下落のようです)

 

NT倍率1年

 

もう一方で走らせているNTアービの手法では
NTのサヤがあまり大きく動いていないため、「値動きが最近めっきり起こっていない」などと思い、
年初がつがつ出ていた利益も、増え方が微増となっていましたので、
軽く舐めていましたが、新システムは中々の含みっぷりでした(苦笑)。

 

NT倍率もここ1年の最低水準まで来ていますので、
時期戻すとは思いますが、一本のシステムだけで、
安定した毎月の利益を上げることの難しさを
感じざる負えない一件でした。

 

年間通して利益には全然なると思っていますので、
まぁのんびりと構えますが、
このシステムだけで生活しようと思う方がいたら、、、

 

不安でしょうがないでしょうね(汗)。

 

一点このシステムの欠点を考えるとしたら、
ロスカットがあんまり上手じゃないことです。

 

トレードルールがいくつか搭載されているのですが、
なぜかロスカットができないルールが存在しています、、、。

 

これって自然に戻るのを待てということなのかな、、、???
という感想でした(汗)。

 

はい、この考え方の根底には、

「NT倍率は戻る」

ということなのです。

 

少なくとも、こちらの自動売買ソフトのユーザーさんたちは、
生き残ってこられたのでしょうから、
この仮説はある程度正しいかと思います。

 

というか、こちらの画像を見る限り、
まぁまぁ正しいとは言えそうですよね。

 

NT倍率1年

 

ただし、3年で見るともっとNT倍率は下落しています、、、(12.1以下にはなっています)

 

NT倍率3年

 

これを加味させる必要はありますが、
NT倍率トレードの売買ポイントをオリジナルで考え
かつ含み損を長期的に抱えるリスクをカバーできるのであれば、
NT倍率を基準としたトレードを行うことは、
それほど難しいことではなさそうです。

(エントリー、決済を割とシンプルにしておけば実践は簡単です)

 

ぜひ、NTアービ(正確にはサヤどりでしょうけども)を
ご自身のトレード手法として加えてみる、
そんなことを考えてみるのも良いかもしれません ^ ^

 

 

※その後NT倍率の下落は続き、証拠金不足にまでなり、
ポジションの解消、つまりロスカットをしました(150万越え)。
アービマスタD3は明確にお勧めできないと感じました。

 

コメントを残す