「世界3大利殖術」といわれている「オプション売り」は本当によい投資なのか?

こんにちは神田翼です!

>>神田翼のプロフィールはこちらから

 

世界3大利殖術という言葉を聞いたことはありますか?

世界3大利殖術というと、
「オプション売り」「さや取り」「さやすべり取り」
の3つなのだといわれています。

※とはいえ、この単語について調べると
言い出した人や根拠となる記述はあまり見当たらず、
その正確性さは定かではありません。

 

さやどりというのは割と調べると出てきますが、
「さやすべり取り」は解説している書籍やサイトも少なく、
神田自身もいまいち内容が分かりません。

(どなたかよい参照サイトや書籍があれば、
お教えいただけましたら幸いですm(_ _)m )

 

そんな中、今回の記事で取り上げたいのが
「オプション売り」です。

 

オプション売りというと様々なセミナー屋さんが
「年利〇〇%の利益が出ている」「これで資産を増やそう!」
みたいなうたい文句で何かしらのセールスをしているのを
見かけるかと思いますが、これは本当なのでしょうか?

 

というわけで、今回はこのオプションの売りというのが
一体どのような投資なのか、またそのリスクについて
解説をしてまいりたいと思います。

 

「オプションを売る」=「保険会社になる」ということ

 

「オプションを売る」というのは、
主に金融機関がヘッジの目的で使うもので、
原則買いから入るのが「常識的・一般的な使い方」の金融商品なんです。

 

いわゆる「保険」なのです。

 

日経225先物の買いポジションを持っている場合、
大暴落が発生して、ロスカットができなかったり、
取引時間外で大事件が起きてしまい、
ポジションの処理ができない場合など、
あらかじめオプション(保険)を持っておくと、

「リスクや損失が限定される」

という保障が受けられることになるわけです。

 

実はこれってイメージは家という資産を購入したけど、
地震や火災で家(資産)が壊れてしまい、
資産を失うリスク(ローン返済リスク)を免れるために、
火災保険・地震保険に入るというのに似ていますね。

 

つまり、大手金融機関やファンドといった
大きな資本力があるところが、保険を求めて
購入するのがオプションなのです。

 

そして、

「オプションを売る」

という行為はそういた保険を購入したい人たちに、

「保険を売る」

ということなのです。

 

つまり、買いポジションを持っている場合、

「これ以上下がったら、どこまででもその損失を
 私が責任をもってそっくりそのまますべて補償します!」

というのが「オプションの売り」なのです。

 

16000円のオプションを売った場合、
日経平均が15000円になったら、
1000円分の下落した際の損失を、
すべてオプションを売った人が負わないといけないのです。

 

そう、つまり「オプションを売る人」
「保険会社」になるわけなのです。

 

「オプション売り」と「保険会社」のリスクは同じ

 

「オプションを売る」=「保険会社になる」

であればなんかめちゃくちゃ儲かりそうに感じませんか?

だって保険会社ってあんなに巨大化していて、
よほど保険のビジネスが儲かるということを
証明しているわけですから。

 

ですがそう思った方は要注意です。

 

もう少し深堀してみてまいりましょう。

 

保険会社が例えば地震保険を売るとすると、
地震が起きない限り、掛け捨ての保険金を
そっくりそのままもらうことができます。

 

なので、地震が発生しないまでの間は
保険会社は確実に、着々と
儲けることができるわけです。

 

でも、一度地震が発生すると
家が壊れたら家を建て直す必要があるし、
家財道具が壊れてしまったらその保証をしなくてはいけません。

 

しかも普通の地震保険というのは、
保障の上限が定まっているのです。

(それでも地震が起きたら、保障しなくてはいけない
 件数が大量に出るだろうことが予想されるため、
 保険会社が破たんするのではないかとう話も出るほどです)

 

地震保険ならば上限があるからまだよいものの、
オプションはその保障は無限大なので、
極端な話大暴落が起きたりしようものなら、

全財産を消失させてしまい、
「破産」なんてことも起こりえます。

 

といっても実際はその負担を負うのは
まずは証券会社で、それを払わなければ
自分自身は大丈夫ですが。

(確実に訴訟されますので、
大丈夫ということはありませんが、、、(汗))

 

保険会社の行うリスクヘッジは個人じゃできない

 

とはいえ保険会社はこれだけもうかっていますよね?
これってなんででしょうか?

これはリスク管理を徹底しているからです。

 

(1)保険会社は損をしない価格で保険を売っている

どういうことかというと、
生命保険であれば人の寿命などを考え、
自分(会社)が損しないように設計をしているのに加え、
めちゃくちゃたくさんの人に分散して保険を売っているからなんです。

 

でも、個人がオプションを売る場合は、
価格は市場で決まっていて、
自分の売りたい値段で売ることはできません。

 

セールスが上手でも、ブランディングが上手でも、
ビジネススキルがどんなに高かろうが、
市場でついた値段以上の価格で売ることはできません。

 

(2)保険会社はたくさんの人に保険を売ってリスク分散をしている

また、保険会社はたくさんの人に保険を売っているので、
どこかで多少の予想外のことが起きてもへっちゃらなんです。

資本力もそうだし、保険を売っている母数が桁違いなんです。

 

じゃあ、とここでみんな色々考えるわけです、
金融商品を分散すればいいんじゃないか?

これを考え始めると深みにはまるわけです。

 

基本的に、金融商品は相関性をもって動いているので、
下がるときは下げ幅に違いはあれど、
総じて全部が一斉に下がりますから。

 

隕石が落ちてくるようなもんです。

 

隕石が落ちてきて、あなたの保証するべき家が
全倒壊状態になりえるわけです。

※もちろん可能性の話ですが。

 

(3)保険会社はそもそもリスクヘッジをしている

さらに言ってしまえば
保険会社は自分たちも保険に入っています。

 

だって、自分のところの保証だけで会社がつぶれたら
保険に入っている方も困るわけですから、
自分自身も会社が倒産しないように保険に入っているんです。

 

保険会社同士がお互いの保証をしあっている、
という感じなので、どこか一社がつぶれることは
非常に考えにくいことなんです。
(それでもまれにありますが)

 

もちろん、オプション売りには、
買いポジションを組み合わせることで、
保障の上限を定めることもできます。

※まさに保険を買うという状態

 

とはいえ、結局価格は市場で買っているので、
よほど保険会社のように高額で保険を売りつけない限り、
その差益を抜くのは難しいことです。

 

もちろん、地震が起き始めたタイミングであれば、
瞬時にオプションを買い戻せば、
損失を限定的にさせることも可能です。

 

そうなんです、何が言いたいかというと、
すべては保険会社になったつもりで、
自分自身でコントロールできるか否かですので、
コントロールしきることができれば
良い投資案件・金融商品となるはずなのです。

 

ただ、コントロールをミスった際の、
損失やリスクが大きいというのが
「オプション売り」の怖いところなわけです。

※さらに言えば、オプションの売りで財を成した人って
本当に聞いたことがありません。

 

なんというか、弱者の戦略なんです、
考えることを放棄して、打ち出の小槌を手にしたような
そんな錯覚を覚えさせやすい戦略なんです。

 

結局頭を使う必要があるわけで、
それならもっとまっとうなトレードをした方が
発展性もあるし、安全だし、いいというのが神田の結論です。

(私も過去チャイナショックで相当損しましたからね 汗)

 

なので、

「世界3大利殖術だから」

などというわけのわからない、
根拠もなくオプション売りをすることで、
大きな損失のリスクを抱えながらのオプション売りをするのではなく、
せめて、しっかりとリスクを理解してコントロールをした状態で
オプションに挑戦をすると言うようになさってみてください。

 

ここまでしっかりご覧くださった方であれば
オプション売りなんてやらないとは思いますが、
それでも挑戦なさるという方は、くれぐれも
ご破産なさらぬようお気を付けくださいm(_ _)m

 

リスクゼロでキャッシュフローを生み、資産を築く方法とは?

 

オプション売りをしようと思った方は
きっと資産運用をしたい、資産構築をしたい、
毎月の安定した収入が欲しい、なんて
お考えなのではないでしょうか?

 

私もそう思って過去投資は散々してきましたし、
金融畑を歩いてきましたが、
最後に行きついたのは結局事業なんです。

 

今はいい時代でインターネットの発達で、
個人が一人でも手軽にビジネスができて、
キャッシュフローを得て、資産構築を
していくことができてしまうようになりました。

 

しかも初期資金なんて全くなくてもできてしまうので、
オプション売りに比べて、リスクは全くありません。

 

私も現在「無料のオンラインサロン」を運営していますが、
続々と成果を出す方が増えていますよ ^ ^

動画120本超、総再生時間1200分の
インターネットビジネスの教科書を
参加メンバーさんに配布(プレゼント)
していますので、ぜひぜひサロンメンバーになって
教材の中身をのぞいてみてください ^ ^

 

いきなりこんなにたくさんの
教材は見れないなんて方もいるので
オンラインサロン内では取り組む手順なども
公開していますのでご安心くださいね ^ ^

⇒ オンラインサロンをのぞいてみる

 

神田翼

 

 

コメントを残す