Boxshotで無料レポートのブックカバー画像を無料で作成する方法

こんにちは神田翼です!

>>神田翼のプロフィールはこちらから

 

無料レポートを作成したら、
どんどんと無料レポートスタンドに
登録をして行きましょう。

 

無料レポートスタンドに登録をしたら、
ダウンロードしてくださる方が必ずいますので、
ダウンロードしてくださった読者さんには
時間を空けずしっかりとメルマガ登録を行ってくださいね。

 

しかし、この無料レポートを作っていると、
ダウンロード数がなかなか伸びないという
悩みにぶち当たるはず。

(ぶち当たらないという優秀な方は
今回の動画・記事は不要です!)

 

無料レポートのダウンロード数を
伸ばす方法はいくつかありますが、
その一つが

「ブックカバーを目立たせること」

になります。

 

そこで今回はこのブックカバーを
3Dで作成して目立たせ、ダウンロード数を伸ばす
方法について解説をしてまいります。

⇒ boxshotのサイトはこちらから

 

無料レポートスタンドでダウンロード数を分ける3つのポイントとは?

 

通常無料レポートスタンドでは

・無料レポートのタイトル
・無料レポートの内容解説文章
・無料レポートのブックカバー画像

の3つのみが公開され、
それを見て魅力的と感じた人が
あなたの無料レポートをダウンロード
してくれます。

 

↑こちらは私が作成した無料レポートで、
3本目くらいに作ったもので、10ダウンロードでした、、、苦笑

 

なので、ダウンロード数を伸ばすために
気を付けるポイントはこの3つしかありません。

※厳密には無料レポートのダウンロード数を
伸ばす方法は他にもたくさんあるのですが、
まず攻略すべきはこの3ポイントになります。

 

無料レポートスタンドで表示されるブックカバー画像とは?

 

そこで今回はこのブックカバー画像の
作成方法の一つとして、
「boxshot」というサイトを使い
無料でブックカバー画像を作成する方法を
解説してまいります。

 

3Dブックカバー画像というのは、
こんな感じの立体的な画像で、
無料レポートがあたかも
本になったようなイメージを
演出することができます。

 

イメージ画像で言うと、
こんな感じです。

 

平面よりは3次元の方が
凝っている感じがしますし、
その分なんだか中身もすごそうな印象じゃありませんか?

 

もちろん平面画像で
デザインを凝るというのもありですが、
それならデザインを凝ったうえで
立体的な画像にした方がよりインパクトに
残りやすいはずです。

 

この辺はご自身の好みの問題でもありますし、
色々試してみてください。

 

boxshotを使って3Dブックカバー画像を作る方法

 

⇒ boxshotのサイトはこちらから

こちらのboxshotは完全無料で

・3Dブックカバー
・3D DVDボックス
・3D DVDボックス+ディスク
・3D CVボックス
・3D CDボックス+ディスク

といった様々な立体的な
無料レポート画像を作成することができます。

 

 

ただし、前もって画像を自分で
作っておく必要があります。

 

操作手順としては簡単で、
上記の画像の中から作りたいものを選び、
クリックをします。

※今回は3D Book Coverを作ります。

 

3D Book Coverをクリックして、
少しだけ下にスクロールすると
下記の画像のようになりますので、
「IMAGES」をクリックします。

 

 

次に表示される

・Front(表紙)
・Spine(背表紙)
・Back(裏表紙)

に作成をしていた画像を選びましょう。

 

とりあえず、表紙だけを選んでみると
下記のようになります。

 

 

ここでは、画像のサイズに制限はなく、
縦長であれば縦長な冊子になりますし、
横長であればそれに合わせた画像になります。

 

また、画像ではお店できませんが、
ブックカバーの画像にカーソルを合わせ、
クリックしながらマウスを動かすことで、
ブックカバーの画像を回転させることができます。

※詳細は実際に試してみるか、
動画をご覧ください。

 

なので、このブックカバーを好きな角度から
表示させることができ、画像にすることができます。

 

 

角度を好みのものに設定をしたら
次は右上にある「RENDER」をクリックすると、
書き出しがスタートします。

※ちょっと時間がかかります。

 

書き出しが終了すると、下記のようになり
「Download Free Image」をクリックすることで
画像のダウンロードができますので、
この画像を無料レポートの登録時に
仕様なさってみてください。

 

 

まとめ

 

以上が3Dブックカバーの作り方になります。

 

作成方法は非常に簡単で、
慣れたらサクサク量産できますので、
ぜひ活用なさってみてください。

 

また、魅力的な無料レポートタイトルの
作成方法はこちらの動画・記事で解説をしておりますので、
ぜひ合わせてご参照になっていただけましたら幸いです。

⇒ GDTの法則とは?not readの壁を乗り越えるタイトルの設定方法

 

ぜひ無料レポートのダウンロード数を伸ばし、
読者さんを増やし、あなたのメルマガの発信力を
高めていただけましたら幸いです。

 

あなたのインターネットビジネスの
大成功をお祈り申し上げます。

 

 

コメントを残す