無料短縮URLツールを使って長いURLを短くする&クリック解析をする方法

こんにちは神田翼です!

>>神田翼のプロフィールはこちらから

 

メールや公式ラインアカウント(旧LINE@)や
TwitterやFB、InstagramなどのSNSで
何かしらのURLリンクを配信する際に、

「そのままのURLだと長すぎる」

なんてことはありませんか?

 

そんな時は『短縮URL』を使いましょう。

 

『短縮URL』を使うと、どんなに長いURLでも
非常に短いURLにすることができる上に、
クリック数のカウントができるので、
非常に便利なんですよ。

 

まだ短縮URLについて知らないなんて方は
今回のブログ記事で使い方について
解説をしてまいりますので、ぜひ最後まで
ご覧になってくださいね!

 

短縮URLの3つのメリット

 

まず最初に短縮URLの
3つのメリットを見てまいりましょう。

 

(1)長いURLが短くすることができる

短縮URLのメリット飲まず一つ目は
その名前の通りどんなに長いURLでも
短いURLへと変換することができてしまうことです。

 

例えば、メール文面の中で、
めちゃくちゃ長いURLがあったら
ちょっと見栄え悪いですよね?

 

また、Twitterや
公式ラインアカウント(旧LINE@)など、
一回の投稿や配信に文字数制限がある場合は、
URLの文字数が短くなるだけでも、
かなり投稿・配信が楽になるはずです。

 

というかこれが一番のメリットであり、
短縮URLを使い理由になるかと思います。

 

(2)短縮URLのクリック解析ができる

短縮URLを生成すると、
そのURLをクリックした回数や
クリック日時などがデータとして
残すことができるようになります。

 

これってかなりすごいことで、
自分の投稿や配信をした結果、
自分の配信したURLが何クリックされたのか、
ということが一目でわかるようになる、
ということなのです。

 

通常のメール配信ソフトであれば、
短縮URL機能やクリック解析機能はついていますが、
SNSや公式ラインアカウント(旧LINE@)では
その機能はないため、自分自身でこの
短縮URLのツールを使う必要があります。

 

なので、ぜひ何かを投稿する際は、
この短縮URLは必ず使ってまいりましょうね!

 

(3)URLの見た目を変えられる

例えば何かのアフィリエイトリンクを配信する場合、
URLを見ると何のリンクか分かってしまう場合って、
実は結構あります。

 

例えば私のNet Bullって
無料オファーアフィリエイトとして
ご紹介いただけるようになっているんですが、
その場合のアフィリリンクは以下のようになっています。

⇒ http://kandatsubasa1.com/X/X/XXXXXXX/XXXXXXX

 

これって知っている人が見たら、
「あ、神田さんのNet Bullかな???」
とURLで一発でわかってしまいます。

 

それを下記のような
別の見た目に変えられるので、
リンク先がどのようなものか把握されにくい、
ということになります。

⇒ http://bit.ly/XXXXXXXX

 

なので、ぜひ配信の際には
見た目を変えたい場合にも使えますので、
ぜひ目的に合わせて活用なさってみてください ^ ^

 

無料短縮URLツールの使い方

 

無料の短縮URLツールは
実際のところたくさんあるのですが、
一番ポピュラーで使い勝手の良いものが
下記の「Bitly」になります。

⇒ Bitlyにアクセスする

 

しかもめちゃくちゃ簡単で、
すぐ使えるので便利ですよ!

 

使い方はシンプルで、
Bitlyのサイトにアクセスして、
下記画面の赤枠で囲われた白いボックスに
短縮したいURLをコピーアンドペーストして、
「Shorten」を押すだけです。

 

すると白いボックスの下に、
短縮したURLが表示されますので、
こちらをコピーして使いましょう。

 

 

短縮URLのクリック解析をする方法

 

次に短縮したURLの
クリック解析をする方法を見てまいりましょう。

それは、短縮したURLの
一番右に「+」をくっつければOKです

 

例えば今回上記の画像内で
短縮したURLは下記のものになりますが、

「 https://bit.ly/2WjQv1h 」

これに「+」を付けると、

「 https://bit.ly/2WjQv1h+ 」

としていただくと、
クリック解析画面が表示されます。

 

で、この「+」を付けたURLに
アクセスすると下記のような画面が
表示され、クリック解析ができます。

 

といっても、クリックの日時と、
その回数が表示されるだけですが、
配信の効果測定には十分ですよね。

 

Bitlyにアカウントを登録すると、
さらに詳細なクリック解析ができますので、
もし興味ある方は登録なさってみてくださいね。

(とりあえずはここまでのレベルで十分かとは思いますが。

 

その他の短縮URLツール

 

Bitlyでも十分使えるツールなのですが、
これよりもより高度に使える
無料ツールというものがあります。

それが下記の「Pretty Link」です。

短縮URLを独自ドメインで作成する無料ツール「Pretty Link」の使い方

2018年8月17日

 

一つの短縮URLの転送先を
自分の方で入れ替えることができるので、
ブログなどで短縮URLをつかっておくと、
その設定を変えるだけですべての
短縮URLの転送先が変えられるので、
管理が非常に簡単になります ^ ^

 

ただし、こちらはワードプレスの
プラグインとなっていますので、
ブログの設定などが必要で、少し使えるまでが、
煩雑になってしまいますので、まずはBitlyを使って、
慣れてきたらPretty Linkの導入も考えてみる、
ということでもよろしいかと思いますよ!

 

インターネットを使ったビジネスや
webマーケティングでは短縮URLは必須のツールですので、
ぜひ使いこなしてまいりましょう ^ ^

 

 

コメントを残す