OATHフォーミュラを使ってコピーライティングの成約率を高める方法

こんにちは神田翼です!

>>神田翼のプロフィールはこちらから

 

あなたが文章を書く時、
読者さんの問題意識レベル(悩みの真剣度合)
を意識したことはありますか?

 

この意識レベルを意識して文章を書くことで
あなたの成約率を大きく高めることができます。

 

そこで今回は「OATHフォーミュラ」という
読者さんや見込み客の方の問題意識レベルを4段階に分け、
各段階における適切なアプローチ方法を解説してまいります。

 

ぜひ今回の動画・記事をあなたのビジネスに
お役立ていただけましたら幸いです。

 

 

OATHフォーミュラとは?

 

OATHフォーミュラというのは、
読者さん・見込み客の問題意識レベルを
4つに分けることで、各ステップでどのような
アプローチをするべきかをまとめた理論になります。

 

その4つのステップというのは、

(1)Oblivious(無知)
(2)Apathetic (無関心)
(3)Thinking (考えている)
(4)Hurting(今すぐ解決したい)

となっていて、「OATH」というのは
この4つの頭文字をとったものになります。

 

この4つの意識レベルによって
商品の売れやすさが全然異なってきてしまいます。

 

その順番は下記の図の通りとなります。

 

なので、それぞれの意識レベルの方に合わせて、
適切なアプローチを行ってまいりましょう。

 

OATHフォーミュラの4つの意識レベル別のアプローチ方法

 

それでは「OATHフォーミュラ」の
4つの意識レベルごとのアプローチ方法を
見てまいりましょう。

 

Oblivious(無知)

Oの方は問題があるのにも関わらず、
それを問題として認識していない状態になります。

 

そのため、ここの意識レベルの方には、
「問題があることを気づかせる」
ことが重要です。

 

例えば、副業をしないことや
一つの収入源に頼った生活を送ることに対して、
触れることができると効果的です。

 

人によっては副業という考え方すら頭の中にない
なんて方も少なくありません。

こういった方には、副業をしないリスクを
伝えてあげましょう。

 

良くあるテーマは「消費税増税」や「年金問題」、
「下落し続けるサラリーマンの平均年収」についてや
「お父さんのお小遣い問題」などですね。

※男性サラリーマンをターゲットにしたキーワードばかりですが

 

また、リストラや会社の倒産で、
転職のしにくい年代になってから
荒野に放り出された時のことをイメージさせると
非常に人は心が揺さぶられやすいものです。

 

文章は読者さんの属性によるかもしれませんが、

「30年勤めあげた会社が倒産寸前、
 リストラされて退職金なし、
 そんな状況に放り込まれたらあなたはどうしますか?」

「年々下がる平均年収、
 そんな中副業で稼ぐ人の所得が伸びています。
 あなたの隣の同僚も副業で稼いでいるかもしれませんよ。」

「消費税は増える一方、年収は頭打ち」

「少ないお小遣いでやりくりしているはずの同僚が、
 なぜか羽振りがいいと感じたら、
 それは副業のせいかもしれません。」

いくつか書いてみましたが、
こんなイメージだ、という例文としてとらえてくださいね。

 

ターゲットによっても響くテーマが変わりますので、
ご注意ください!

 

Apathetic (無関心)

ここは問題は認識しているものの、
その問題の解決に対して意思がない状態になります。

 

毎月の給料では生活がかつかつで、
何か収入を増やしたいと考えているのにも関わらず、
いまいち動こうと思わない方です。

 

例えば、

・めんどくさい
・何をやっていいのか分からない
・自分が副業をやっているイメージがわかない
・できる気がしない

といった形で、「自分には関係ない」
という意識を持っている状態になります。

 

ここでは、
「副業は実は難しくない」ということや、
「現状維持をすることの危険性」
「副業をしないことで迎える未来」
などを伝えてあげましょう。

 

Thinking (考えている)

この意識レベルに来ると、問題を認識し、
そして何かしようと考えている状態になります。

 

副業が必要と考え、
自分も何かやってみたいと考えているものの、
何をしていいのか分からない、何がいいのか分からない、
という方になります。

 

こういった方には積極的に情報提供をしてあげましょう。

 

具体的なノウハウやあなたの実績、
その他の実践者の実績など、
副業をすることで収入が増えていることを見せ、
自分もやりたいと感じてもらいましょう。

 

Hurting(今すぐ解決したい)

この意識レベルになると、
もう現状に困り果てている状態ですので、
今すぐにでも問題を解決したいと考えています。

 

この人たちは今すぐに副業をして
稼ぎたくてうずうずしている方なので、
この場合は、問題を解決できる商品を提案するだけで、
すぐに購入をしてくれます。

 

なので、あなたがマーケティングが強ければ、
こういった方ばかりを集客すれば、
すぐに成果に結びつく、ということになります。

 

まとめ

 

以上がOATHフォーミュラの
4つの意識レベルになります。

 

意識レベルの低い方には教育のステップをしっかり行い、
意識レベルの高い方には積極的に
セールスを行っていきましょう。

 

これは集客の仕方によっても変わってきますので、
あなたのLPがどの層を集めるものなのか、
ということも考えながらその後のマーケティングの
仕組み・流れも構築していきましょう。

 

これを理解して、適切なアプローチができれば、成
約率が大きく変わってきますので、
ぜひOATHフォーミュラであなたのビジネスを
ぐんぐんと加速させてまいりましょう!

 

 

 

コメントを残す