持ち家は資産?それとも負債?「買い方と考え方」で変わる資産と負債

「金持ち父さん貧乏父さん」がはやり、それを見て
不動産投資をしたり、起業をしたりと、
大きな影響を受けたという方は少なくないはずです。

 

かく言う神田も一番初めはロバートキヨサキ氏の著書を読み、

「こんな世界が広がっているのか!?」

と驚き、価値観が大きく変わったのがすべての始まりでした。

 

その最も売れたベストセラー「金持ち父さん貧乏父さん」の中で
「持ち家」が資産であるのか、それとも資産と呼ばず負債であるのか?
という話題が出てきます。

 

ここで「資産の定義」を考える必要があります。

 

金持ち父さんの考える資産は

「あなたの財布にお金を運んでくるもの」

これが資産であるといっているわけですが、その視点でいえば、
持ち家は確実に資産とは呼べません。

 

毎月毎月、住宅ローンの支払いが発生し、住んでいるだけですので、
あなたの財布にお金を運んでくることはありません。

そのため、単純に負債となるわけです。

 

ただ、それって本当なのでしょうか???

 

というのも、神田も自宅は持ち家です。
(不動産の投資物件も多くはありませんが所有していますが)

 

そこで、ふと持ち家も資産価値があり、
自分の財布にお金を運ぶわけではないのですが、
一つの資産となりうるものだと思ったわけです。

(決して負け惜しみではありません)

 

持ち家は資産なの???

持ち家は物件次第ですが(もしくはよほど高く買わない限り)、
賃貸価格よりも月額のローンの支払いの方が
金額としては安くなります。

 

というのも、買う金額よりも、借りる金額の方が
リスクが小さい分高くなるのが基本なのです。

(固定資産税の支払いや、修繕費の負担、
移動できないという制限など)

 

つまり、持ち家を所有するというのは、
月額払う家賃を安価にすることができる、
ということなのです。

 

また、これも本当に物件次第なのですが、
支払いを毎月の家賃よりは安いコストで住んでいるにも関わらず、
最終的には自分の持ち家になるわけですので、
購入をした時点での価値は残りませんが、
最終的な物件の価値が残るわけなのです。

 

これを売ればお金になりますし、
貸したら賃貸料が入ってくるので、そうなれば資産となるわけです。
正確にはロバートキヨサキさんのいうところの
資産とすることができるということであるわけです。

 

また、一生そこに住まないといけない、
という固定観念があるみたいですが、

「どうしてそんなことを思うのだろう???」

と感じてしまいます。

 

だって、引っ越しをしたかったら
持ち家を持っている人だって
好きなところに引っ越しをしたらいいんですよ。

 

持ち家はどうするのかといえば、
人に貸せばいいわけです。

 

そうしたら立派な不動産投資家へ
その日から変わるわけです。

 

とはいえ、不動産業者の利益が大きく乗ってしまった、
新築の戸建てや新築マンションなど、
投資効率の落ちそうな物件は選ばないことですね。

 

どちらかというと「ヤドカリ投資」に近い考え方で
取り組んでいれば、持ち家を持っていても、
投資としての考え方で取り組めば
立派な資産になりうる、ということになるわけです。

 

持ち家は「負債」と考えるのではなく、
どうしたらお金が残せるのだろう、
どうしたら「資産」にすることができるのだろう

そう考えることで、どのようにでもなる、
ということを知ってほしいなと、感じてほしいなと思いまして、
このような記事をまとめました。

 

是非ご参考にしてみてください ^ ^

 

また、ヤドカリ投資についての記事も読んでもらいますと、
参考になるかと思いますので、よかったらぜひご覧ください ^ ^

⇒ リスクを極限までに小さくした不動産投資法「ヤドカリ投資法」

⇒ 「ヤドカリ投資法」を実践したその後の発展方法を考察

 

神田翼メールマガジン

【 神田翼 公式LINE@ 無料登録 】

インターネットだけで稼ぐノウハウや、会社に頼らない収入の作り方、実践して初月からノウハウや仮想通貨をノーリスクでかつ無料で手に入れるノウハウ等、有益な情報を配信しています ^ ^




【スワップアービトラージ実践マニュアル】


FX未経験者でも「実践初日」から、 毎日毎日「日給」のような利益が出る 「スワップアービトラージ」の実践マニュアルを 「無料」でお配りしています^^

コメントを残す