サラリーマンで副業をする時間がないという人はどうすべきか、正しい仕事の断り方

良く時間がないとか、忙しいから仕事以外に何もできない、

なんていう方がたくさんいらっしゃりますが、

時間がないというのはただの言い訳でしかないと思っています。

 

最近自分自身も時間の流れがゆったりとしていて、

今時点でどん底に落ちたらまた頑張れるものか不安ですが、

(まぁ、きっとどん底に落ちるとそんな甘えたことも言えないので、死ぬ気で寝る間を惜しんで仕事ができるモードになるのですが(苦笑))

 

これから独立をしようとか、会社を辞めてセミリタイアをしたいとか、

自由な時間を謳歌した悠々自適案生活をしたいと考えている人であれば、

仕組みを作ったり、収入の柱をつくったりするその初期段階で、

楽をしていたら絶対にその目標を達成することはできません。

 

かといって「仕事が忙しすぎて副業に時間を割くこと自体ができない」

という言葉は嫌というほど耳にします。

 

今回の記事では、サラリーマンであれば多くの人がぶち当たる、

この問題を見てまいりたいと思います。

 

独立をしたいのに、なぜそのために必要な時間を確保できないのか

「俺は決まった勤務時間で終わらない仕事量をこなしている」

という方は決して少なくないと思いますが、

まずはその仕事の種類と中身を整理してみましょう。

 

仕事の中には、

自分のメイン業務とサブの業務があるかと思います。

 

「自分がやらなくてはいけない仕事」

「自分がやらなくてもよい仕事」ですね。

 

また、自分がやらなくても良い仕事の中にも、

能力的に自分がやらなくても良いけど、

自分の責任でやらなくてはいけない仕事、

そして、人から頼まれてしまったためやっている仕事もあるはずです。

 

まぁ、このあたりの分別に明確な定義はありませんが

(定義付けをする必要もないので)

この自分がやらなくても良い仕事が、

あなたを苦しめているはずなのです。

 

きっと、仕事を覚えるために、様々な経験をするために、

人に気に入られるために、職場で気持ちよく仕事をするために、

断ったら上司に嫌な顔をされるから、等と

いろんな理由や動機付けの元、仕事を頼まれた際に、

引き受けているのではないでしょうか。

 

当然サラリーマンですから、固定給をもらい、

それに見合った仕事をするのは当然のことではありますが、

勤務時間があるわけなのですから、その時間内で

終わらない仕事については原則断るようにした方が良いかと思います。

 

もちろん、社内の雰囲気や上司同僚との関係もあるかと思いますが、

実際に自分の目標がどこにあるのかを再確認する必要があります。

 

一生、もしくは一生じゃないにしても、

長期間その会社でやっていくつもりであれば、

そういた空気や調和を重んじる必要もあるかもしれませんが、

会社を辞めて独立をする、セミリタイアをすると考えているのであれば、

その会社での自分の位置づけなんて重要ではありません。

 

実際に私自身、独立前に勤めていた会社がありましたが、

その時の仲間とはほとんど連絡も取っていません。

 

当時一緒に旅行をしたり、お酒を飲み明かしたり、

非常に楽しく遊んだりしていましたが、

環境が変われば話も合わなくなりますし、

お互い避けるわけでもなく合わなくなってきます。

 

もちろん、結婚式や四季折々のイベントごとなどで、

声をかけてもらって会ったりすることはありますが、

おそらく人生の中心となる交友関係にはなりません。

 

だったら、少々ドライな考え方にはなってしまいますが、

そこに時間を使うのはもったいないですよね。

 

仕事が断りにくいなんて言うことは、

ナンセンスなのです。

 

しかし、そのように仕事を断るようにすると、

ふと時間が空くようになるはずです。

 

1日1時間だって良いわけですよ、まずはそれだけの時間があれば、

一つ新しいことを始めることができますので。

 

 

リサーチをする時間に充てても良いですし、

大いなる第一歩のはずです。

 

「うちはブラック企業だから」という方は

とはいえ、うちの会社はブラックだから、

そんな仕事を断るなんてできないよ

なんていう方も少なからず、多からずいます。

 

こんなことを聞くと不思議でしょうがないのですが、

ブラック企業だってわかってるなら辞めたらいいじゃないですか、、、?

 

おそらく普通の会社に転職すれば、ブラックじゃなくなるはずですし、

ブラックだと分かっている会社にずっといたいだなんて、

どうかしているとしか思えません。

 

また、転職活動をする暇がないからとか理解できません。

 

じゃあ一生ブラック企業にいてください、

としか言いようがありません、、、。

 

だったらどうしたらよいのか、

転職先の会社を自分にあわさせてみてはどうでしょうか?

 

面接時間はここしかできないからここで面接をしてくれ、

等と言ってみても良いじゃないですか。

 

本気だったらなりふり構う必要もないですし、

本気具合をかってくれる企業も出てくるでしょうし、、、。

 

今の自分が置かれている状況を変える上で、

工夫を常にする、どうしたらよいのかを常に考える、

そうしたら解決策が見えてくるはずです。

 

たぶん、独立をする、副業をするというのは、

常に自分で工夫をする必要がありますので、

まずはその第一段階の試練だと思ってみるとよいかもしれませんね。

 

ここを打破できない方は、実際に副業を始めてみても、

例え独立をしてみても中々うまくいくことはないのではないかと思います。

 

 

最後に副業をする時間がないという方がどうするべきかをまとめると

 

 ・自分の受け持っている仕事を整理する(把握する)

・自分がやらなくてはいけない仕事、やらなくていい仕事を分別

 人から頼まれてしまった仕事も分ける

・その中から断れるものを探す。

・上記手段で解決しない場合は、仕事自体を変えてしまう。

・空いた時間を有効利用する。

 

 

 

ぜひ、自分の仕事を減らして、

副業や独立に向けた時間の有効活用をしてまいりましょう。

コメントを残す