アンカリング効果とは?アンカリングの使い方とマーケティングの実例

こんにちは神田翼です!

>>神田翼のプロフィールはこちらから

 

あなたは、「アンカリング効果」を使っていますか???

 

これを使うと、あなたの商品の価格を
「安く」「お得な値段」に見えるように
演出をすることもできますし、

様々な「布石」を打ち込むことで、
あなたのセールス時の成約率を
大きく高めることができるようになります。

 

今回の動画や記事ではこの
アンカリング効果についての解説や、
具体的な使い方や活用方法をお伝えしてまいりますので、
ぜひあなたのビジネスにご活用になってみてください。

 

アンカリング効果とは?

 

アンカリング効果の「アンカー」というのは
「イカリ(碇)」のことで、アンカリングというのは
「イカリ(碇)をおろす」ことを言います。

 

イカリ(碇)というのは船を固定しておくためのもので、
イカリ(碇)を下ろしておくと、イカリ(碇)と船が
ロープでつながれているので、
船はその周辺から動かなくなります。

 

これは実は船だけではなく、
人間心理でも同様のことが起きています。

 

アンカリング効果の例

 

人間心理でもイカリ(碇)をおろすことで、
その人の意思決定や判断に影響を与えることができ、
これがアンカリング効果といいます。

 

例えば、こちらの財布、
実在しているものなのですが、
「10,000円」よりも高いと思いますか?
それとも安いと思いますか???

 

それでは具体的にいくらだと思うか、
下の3つの数字の中から
どれが一番近かったか選んでみてください。

(1)15,000円

(2) 5,000円

(3)   300円

 

 

実は答えは「300円」なんです。

 

ダイソーで販売している財布で、
ダイソーの中でいうとほんの少しだけ
高級なアイテムなんです(笑)。

 

これを逆に

「100円より高いと思いますか?
 安いと思いますか?」

と聞かれたら、

「きっと何千円もしないな、高くても何百円かな?」

感じてしまうようになるはずです。

 

これは、最初に聞いた数字が「アンカー(碇)」となって、
あなたの判断基準として働き、
その周辺の価格を想像させてしまった
ということなのです。

 

「ピザって10回言ってみて」はアンカリング効果を使ったクイズ

「ピザ」という言葉を10回言わせた後、
「じゃあここは?」と「ひざ」を指さすと、
ついつい間違えて「ひじ」と言ってしまうのも、
これもアンカリング効果といえます。

 

アンカリング効果は具体的な数字だけではなく、
最初に提示された「言葉」や「特徴」なども
イカリ(碇)として効果を発揮します。

 

マーケティングでの活用方法

 

よく情報商品の販売ページを見てみると、

『 販売価格 98,000円 ⇒ 59,800円 』

みたいな表示があったりしませんか?

 

実はこれもアンカリング効果を使った
販売手法になっています。

 

前の価格が正当な価格かが分かりにくいものなので、
この値引き自体が怪しいものなのですが、
こういった表示をするだけで
なんだか割安に見えてしまうわけです。

 

やりすぎるとうさん臭くなりますが、
うまく使うと非常に効果的になりますので、
ぜひ上手に活用してみてくださいね。

 

ステップメールは布石をちりばめる

 

また、ステップメールを作成する際は、
この「アンカー(碇)」となるものを
あなたのメールの中にちりばめておくと
最後のセールスのタイミングで非常に効果を発揮します。

 

販売前の段階から、
「様々なセールスのための布石を打っておく」
ということですね。

 

何気ない話をしているはずが、
しっかりと最後のセールスの布石になっている、
という構成が組めると非常にあなたの
マーケティングがうまくいくはずです。

 

その布石というのは、
あなたの企画やアフィリエイト商品を
販売するのに必要な要素になります。

 

私の動画やメールの中にも
非常にたくさんの布石をちりばめていますので、
ぜひご参考になさってみてください。

 

あなたのビジネスの成功に
お役立ていただけたら幸いです ^ ^

 

 

コメントを残す