松竹梅の法則(極端性回避の法則)で買ってもらいたいものを購入へと導く方法

こんにちは神田翼です!

>>神田翼のプロフィールはこちらから

 

あなたが何か商品を販売する場合、
その価格は必ず「3つ」にしましょう。

2つでもなく、4つでもなく
3つであることが重要です。

 

これは「松竹梅の法則」という
人間の「極端性回避」の考え方を活用した
販売方法になっていて、非常に効果的に
売りたいものを売ることができるようになっています。

 

ぜひ今回の動画・記事を活用いただきまして、
あなたのインターネットビジネスにご活用ください。

 

 

松竹梅の法則とは?

 

「松竹梅の法則」というのは、

「人が買い物をする際、3段階の価格の商品があると
 真ん中のものを選びやすい」

という心理法則(心理傾向)のことを言います。

 

例えば、お寿司屋さんで

松 10,500円
竹  7,000円
梅  5,000円

という3つのお寿司のセットがあった場合、
7,000円のセットが一番買われやすくなる
ということになります。

 

この比率は当然価格付けによったり、
各セットのお得度合いによりますが、
『 松:竹:梅 = 2:5:3 』
といわれています。

 

つまり、あなたが何か商品を販売する場合は、
一番売りたい商品、買ってもらいたい商品を
真ん中のものにしておくことによって、
購入数を伸ばすことができるようになります。

 

「松竹梅の法則」は「極端性回避の法則」

 

3つのグレードの商品がある場合に、
人が真ん中を選びやすいということを
「極端性回避の法則」とも言います。

 

これは、人間が極端なものを選ばず、、
「無難なものを選びたい」という心理が
働いた結果の行動となります。

 

これは一番安いものを選ぶと
「ケチ」であったり「貧乏な人」と思われるかもしれない、
という理由で上のものを選ぼうとします。

 

一方で、グレードの高いもの(価格の高いもの)の方が
良いものであることは分かっていても、

・一番高いものは贅沢であると感じたり、
・お金を節約したい(あんまり使いたくない)、
・また、選んで失敗したらどうしよう、

などというように考えて、
下のものを選ぼうとします。

 

その結果真ん中の価格・グレードの商品が
選ばれやすくなります。

 

商品数が多い場合・少ない場合は「松竹梅の法則」は無効になる

 

松竹梅の法則は3つだから有効なのであって、
2つや4つだとその効果はなくなります。

 

2つの場合は冷静に考えて、
必要な方を買うようになります。

 

価格差をシビアに比較し、欲しいものを必要だから買う、
ということになりますので、売りたい商品を
効果的に販売するということは難しくなります。

(売れないということではありません)

 

また、4つ以上になると、
比較をするのに複雑になるので、
買うときに「迷い」の感情を読者さんに
与えてしまいます。

 

こうなると、

「もう少しじっくり考えよう」
「あとでもう一度確認しよう」

などといって購入の段階にまで行ったのに、

「迷ってしまい、結局買わない」

ということになりやすくなります。

 

インターネットビジネスであれば、
ホームページを閉じてしまったら、
もう同じページにたどり着いてくれない可能性もありますので、
商品数は気を付けましょう。

 

アンカリング効果と連携させるとより効果的

 

松竹梅の法則を使う場合、
「アンカリング効果」を活用すると
より効果的に販売を促進することが可能になります。

⇒ アンカリング効果とは?アンカリングの使い方とマーケティングの実例

 

アンカリング効果について簡単に解説をすると
「先に見た数字」によってその後の相手の行動を
コントロールしやすくすることができる、というものです。

 

例えば、お寿司のコースの場合、
松の10500円という数字を最初に見せると、
そこが「基準」になりやすくなるので、
竹の7000円が少し安く見え、
購入されやすくなります。

 

逆に、梅の5000円から先に見せると、
竹の7000円が高く見えてしまうため、
セールスの訴求力が少し落ちます。

 

松竹梅の法則を使う際は「商品構成」に要注意

 

あなたの商品を3つのタイプに分けて、
それぞれのグレードごとに価格を分ける場合、
グレードの高い商品には、グレードの低い商品の内容を
全て含ませるようにしてくださいね。

 

これができていないと、
梅のこの内容が欲しいから梅にする
という理由ができてしまうので、
「松竹梅の法則」の効果がなくなってしまいます。

 

ですので、必ず商品構成は

松 = 梅 + △△ + 〇〇
竹 = 梅 + △△
梅 = 梅

というように商品構成をするようにしましょう。

 

まとめ

 

以上が「松竹梅の法則」になります。

 

アンカリング効果を一緒に使うことによって、
あなたの最も売りたい商品をお得に見せ、
かつ、効果的に販売をすることができるようになりますので、
ぜひその他の「ビジネス心理学」と連携させてみてください。

 

また、この「松竹梅の法則」は
単純な心理法則に見えて、その活用方法は
実際結構奥が深いものになっていますので、
ぜひあなた自身も色々試してみて、
あなたなりの効果的な活用方法を構築してみてください。

 

ぜひ「松竹梅の法則」を活用して、
あなたのインターネットビジネスを
どんどんと加速させてください!

 

 

コメントを残す