あなたのやる気スイッチを自動的にオンにする方法

こんにちは神田つばさです!

>>神田つばさのプロフィールはこちらから

 

こんにちは、神田です。

今回の記事では
「あなたのやる気スイッチを自動で押す方法」
というテーマでお話したいと思います。

 

というのも、ビジネスをしていると

「今日はやる気がしないなぁ」

なんて気持ちになったり、
ついつい別のことをしてしまったりして
作業が進まないことってありませんか?

 

特に初心者の方の方が
そういう状況になりやすくて、

・まだ作業が習慣になっていない
・作業が単純なことばかりでつまらない
・切羽詰まっていないからのんびりしちゃう

等々、いろんな理由がありますが、
手が止まりやすいものなんですよね。

 

一方で、初期のステージって
シンプルな作業が多い分、
やればやるだけ進んで稼げますから、
手を止めずに作業を継続して、
ドンドン収入を増やしていきましょうね!

そこで今回の記事ではあなたの
やる気スイッチを自動的に押してしまい
ドンドン作業をして前進していく方法を
解説してまいりますので、

ぜひ今回の内容を活用最後まで御覧になって
実践していただけましたら幸いです。

 

あなたのやる気スイッチを自動で押すためにやるべきこと

 

「やる気スイッチを押す方法」

なんて言われると、
この方法を試したらいきなり

「うぉー、俺はやってやるー!」

なんて感じで

「モチベーションをガツンと
高める方法があるのかな?」

と思われるかもしれませんが
実はそんな方法はありません。

 

むしろ、やる気というよりも、

「自然とやるべきことをやっていた」

となっている方が理想的なんですよね。

 

その結果やる気スイッチが
自動的に「on」の状態になっていた、
となるのが今回の方法になります。

 

これはどうするかというと、
あなたの生活の動線の中に、

「やるべきことが避けられない状況」

を作るということなんですよね。

 

例えば「朝起きたらまずは水を飲む」
という習慣を作りたい人は枕元にペットボトル
を置いておくと、起きた瞬間に

「あ、水のまなきゃ」

ってなって、飲み忘れが
なくなるはずなんですよね。

 

こんな感じで、
やるべきことを自然にできる環境を作る
というのが重要なんです。

 

例えばインプットをするために
本を読む習慣を作りたいと思い
最近私が実践しているのは

「トイレに本を置いておく」

ってことなんですよね。

 

というのも、トイレに入る時って、
何もやることがないじゃないですか。

なので読みたい本を一冊置いておくと
自然と手に取って読めちゃうんですよ。

これをしてから購入をした
本が着実に消化できています ^ ^

(娘が本を忘れてたよ、とたまに
片付けてくれてしまいますが 笑)

 

逆にまんがが好きすぎてついつい
読んでしまい作業がすすまない、なんて場合は、
まんがを目につかないところに隠しておくとか
部屋に置かないなんてことをすると自然と
作業に取り組みやすくなるはずですよ。

 

PC環境でも立ち上げてすぐに作業が
できるようにしておくのは大事ですね。

私は一時期YouTube動画をなんとなく流してしまう
なんてことがあったのですが、youtubeへの
ブックマークを消して置いたり、

動画の中でもついつい見てしまうチャンネルは
「表示しない」設定をすることで思わず見て
しまうなんてことがないようにしています。

 

なので

「やるべきことが避けられない状況」

というのは、やるべきことをする
のを邪魔するものを生活動線から取り除いて、
自然と作業がスタートできる環境を作る、
ということなわけなんです。

 

人というのは一番初めの
動き出しに一番エネルギーを使うので、
最初に動き出してしまえばそのまま
それを継続させやすくなるんですよ。

なので、すっと取り組み初めて、
やる気スイッチが自然とオンになる
そういう環境づくりをすることが実は
作業を継続するための
重要なポイントになる
ということなんです。

 

心理的トリガーを使ったやる気スイッチの入れ方

 

また、もう一つやる気スイッチを
自動的にオンにする方法があるのですが、
これは心理的なトリガーを
使った方法になります。

 

トリガーというのは何かと言うと
「引き金」のことで、心理学用語で
心を動かすきっかけになるもの
トリガーと呼んでいます。

 

では、この心理的トリガーを使った方法
というのはどういうものかというと、以下の
2つのステップから構成されています。

1.あなたのモチベーションが
高まるトリガーを見つける

2.そのトリガーを
生活の動線の中に置いておく

 

一つずつステップを見てみると、、、

 

1.あなたのやる気スイッチを教えてくれるトリガーの探し方

 

まず一つ目のステップとなる

「あなたのモチベーションが
 高まるトリガーを見つける」

ということなのですが、私のメールやブログ、
そしてこの記事を読んでいるあなたは

・売上や収入を増やしたいなと思ったり
・人生の自由度を高めたいなって思ったり
・救いたい人がいたり
・叶えたい夢があったり

と言った形で、何かしら行動をしている理由
というものがあるはずなんですよね。

 

何か理由があってモチベーションが高まって
やる気が引き起こされて行動したはずなんです。

なので、その時の引き金になったもの、
トリガーになったものを思い
出してほしいんですよ。

 

おそらくその背景には、

・子供にお金を使ってあげたい
・あなた自身の生活を変えたい
・会社を辞めたい
・通勤時間のない生活がしたい
・お金の余裕を得たい
・豊かな生活がしたい
・海外旅行に毎月行きたい
・お金を気にせず好きなものを買いたい

等々、いろんな理由があったはずです。

 

基本的に人間のモチベーションって
そういった願望や欲望、苦しみを回避したい
という感情がトリガーになりやすいんですよね。

なので、まずはこのやるべき理由を思い出して、
そこを刺激するトリガーが発動するような
アイテムを探してみましょう。

 

神田であれば、
過去に失敗をした時の記憶を
鮮明によみがえらせるキーワード
があるんですよね。

その時の取引のあった会社名だったり
関係者の人物名だったり、
そういったキーワードを聞くたびに
どん底時代の記憶がよみがえって
気が引き締まったり、

「あ、やらなきゃ」

って気持ちになってしまいます 汗

 

また、お金がトリガーになる場合は、
札束をデスクに置いておくとモチベーションが
上がるなんて人もいたりしますよね。

とはいえ、札束を家に置いておくのは
いろんな意味で現実的じゃないので、
ダミーの札束のメモ帳を買ってみてデスクに
置いてみたりというのも面白いかもしれませんね 笑

 

その他にも、子供の写真を見ると
モチベーションが上がるとか、
いろんなケースがあると思います。

これは人それぞれなので、あなた自身が
どんな時にモチベーションが高まって
どんな時に落ちているかを考えてみてください。

 

答えはご自身の過去にありますから
自分自身の過去を振り返って、
感情の動きをさかのぼってみると
答えが見つかりやすいですよ!

 

2.そのトリガーをあなたの生活の動線の中に置いておく方法

 

そして次のステップは
そのトリガーとなるものを
あなたの生活の動線の中に
置いておくということになります。

例えば、そのトリガーが
自然と視界に飛び込んできたら
勝手にやる気スイッチが押されて
モチベーションが上がって
しまうんですよね。

 

私の場合であれば先ほどお話した

「失敗した時代のキーワード」

をポストイットに書いて
自室のデスクのPCモニターに
張り付けていたりしますが、
これを見るたびに

「またあんな時代に戻りたくないな」

と気持が引き締まって、
やる気が出てきてしまいます。

 

昔の会社の先輩や
大学時代の先生なんかも

「娘の写真を見ると仕事を頑張れる」

なんて人もいましたから、
写真を目に見えるところにおいて置いたり、
スマホの待ち受け画面にしておくというのは
とても良いですよね💡

 

ぜひ実践されてみてください ^ ^

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回の記事では、
あなたのやる気スイッチを自動で押す
2つの方法を解説してまいりました。

 

ついつい手が止まっちゃうんだよな、
なんて方は、ぜひ今回お話した

・自然と作業ができる環境を作って、
・やる気の出るトリガーをちりばめておく

これをぜひ実践してみてくださいね!

 

自然とやる気スイッチが
オンになって、作業がドンドン
できてしまうはずですよ。

 

一方でそもそも起業副業するにも
「何をやったらよいのか分からない」
なんて方は私の無料オンラインサロンに
ご参加してみませんか?

 

初心者の方がゼロから報酬を得る
具体的なステップの解説や、動画130本の
起業副業の教科書をプレゼントしていますから
よろしけれぜひ下記フォームからぜひ
ご登録になってみてくださいね!

 

ぜひご参加いただくと
私からのメール講座が届きますから、
何かわからないことや気になることがあれば
お気軽にご返信くださりますと嬉しく思います ^ ^


 

 
 
 

コメントを残す