スカイプレミアム・アルバキャピタルに気を付けろ

ここ最近お金の相談をされることが増えて来ました。

 

年度末だからかなと思っていましたが、
聞いている話を聞くと、、、

そういうまともな話ではなさそうです(苦笑)。

 

「兄ちゃん、
スカイプレミアムっていいらしいけど、
ほんとにいいの???」

 

はい、何かと相談事があると、
神田に持ち込んでくれる、例の妹です。

 

※以前は保険の相談をされました
⇒ 学資保険で資産運用?無税で増やせる学資保険の運用利回りとは

 

何やら

「月利5%出せるいい投資案件があるよ」

と友達に勧誘をされているらしいのです。

 

「、、、

その友達って金融マンなのかい???」

 

と突っ込みたくなる気持ちを抑え、
まぁスカイプレミアムが何ぞやか調べてみよう、
と調べてみたところ、、、。

 

ちょっと知っている人が絡んでいそうな気がして、
めまいがしました(汗)。

(もう連絡先も残っていないレベルの
知り合いです(苦笑))

 

販売代理店をしているという(掲示板からの情報ですが)
NSCプランニングを見てみると、
代表者の名前が載っていません(苦笑)。

⇒ http://www.nsc-planning.com/index.html

 

ここって過去にインターリンクという
マレーシア籍のFX会社さんを使って、「サムライステーション」という
PAMM口座(パム口座)で運用する商品の販売をしていたと思うのですが、
1~2年程度はすごく順調にいっていたように思います。

 

ここの運用を担当するトレーダーさんにもお会いしたことがあって、
話を聞く限りまともな人でしたので、
その後になんでこんなにトラブルが多いのだろうと
思った印象でした。

 

が、その原因を考えてみると、割と明確で、
PAMM口座というものはトレードの
ポジションを持っている時に出金ができないんですよね、、、。

 

しかも、PAMMの契約内容で、

「確定損益だけが現在の残高に反映される」

というような内容であった場合、
マイナスになったポジションを、
保有し続けると、確定損益上は
きれいな右肩上がりの曲線が描けるわけです。

(損切がないので当たり前ですが)

 

そして、インターリンクのPAMM口座では、
マスター口座で取引をしている
ポジションが見えないようになっていたので、
含み損がどんだけあっても、全然分からないんです、、、

 

で、みんながその見た目上膨らんでいる
口座を見て、

「利益分だけ出金をしておこう!」

なんてなったら運用会社は大慌てです。

 

だって、損失を確定して、ポジションを解消しないと、
出金対応ができませんので、、、。

 

なので、見事出金トラブル発生

となるわけです、、、。

 

ということが起きていたのだろう、
と、勝手に考察をしていました。

↑噂でもこういう話を聞いていたのですが、
まぁ真実は不明です。

 

さらに考察を深めると、1億円の資金があって、
含み損が3000万円出ている時、
顧客は1億円が原資だと思っているので、

「3000万円出金しちゃおう!」

等と思い、もし出金が逆にできようものなら、
7000万円の元金にしか残らないことになります。

 

7000万円に対して、3000万の含み損というわけで、
含み損の大きさが相対的に増えるわけです。

(30% ⇒ 42.8%)

 

これは逆に資金が増えている過程であれば、
ポジティブに作用します。

 

例えば、、、

資金が5000万円増えてしまえば、
1億5000万円に対しての
含み損3000万円なので、希釈されるわけです。

(30% ⇒ 20%)

 

こうできたら、ロスを仕切り直して、
スムーズに次の取引に移行できるわけです。

 

※サムライステーション関係者の方が
もしこちらを見られていましたら、その後の話は聞かなくなっていましたので、
状況が分かりませんため、考察で書かせていただいています。

(当時自分の方もてんやわんやでしたので(苦笑))

 

いやぁ、世間狭いなと焦った一件でした。

 

はい、スカイプレミアムやアルバキャピタルがどうのこうの、
という話ではなくて、

こういう投資案件に頼るのではなくて、
自分で運用ができるようにならないといけませんからね、

ということが言いたいわけです。

 

ほんとに、こういう案件に頼る人というのは、
いつまでたっても、誰かの手のひらの上に
自分のお金を乗っけている状態で、その人の気分が変わって
ふっといなくなってしまっても、仕方ない状況なんです。

 

「自分が消えて喜ぶものに、己のオールを任せるな」

(でしたっけ???)

 

中島みゆきさんの曲にあった
とても印象深いフレーズですが、
ほんとにそれだと思います。

 

自分が消えたら、自分のお金が相手のものになるのであれば、
選択肢にそんなリスクのあるものを持たせてはいけません。

 

スカイプレミアムはまともなものかもしれませんし、
長く続く運用会社かもしれません。

 

その可能性はもちろんゼロではないわけです。

(可能性はゼロに近く見えますが、個人的には)

 

ただ、それというのは、投資家側に立っていたら、
絶対に確認できません。

 

スカイプレミアムがまっとうか否か、
そんな話ではなくて、まっとうか否かの
判断のしようのない会社にお金を預けるということ自体が
間違っているということなわけです。

 

大切なお金を守るのは自分だけですので、
ぜひお気を付けください。

 

神田翼メールマガジン

【 神田翼 公式LINE@ 無料登録 】

インターネットだけで稼ぐノウハウや、会社に頼らない収入の作り方、実践して初月からノウハウや仮想通貨をノーリスクでかつ無料で手に入れるノウハウ等、有益な情報を配信しています ^ ^




【スワップアービトラージ実践マニュアル】


FX未経験者でも「実践初日」から、 毎日毎日「日給」のような利益が出る 「スワップアービトラージ」の実践マニュアルを 「無料」でお配りしています^^

コメントを残す