60歳の一般的な平均貯蓄額(貯金額) 裕福なリタイア生活を送るために

こんにちは神田翼です!

>>神田翼のプロフィールはこちらから

 

資産形成の方程式を用いた資産形成のお話
を先日してまいりましたが、
ライフプランを作成していく中で、

「60歳時点の資産額」

というのは結構重要なポイントであったりします。

 

リタイアを決め込むタイミングというのは、
人それぞれだと思いますが、
「60歳」というのはライフプランを考える際、
リタイアをするための最終タイミングとなります。

 

というのは、ライフプランを考える段階で、
60歳までになって、お金のために働くことを想定する
というのはおかしいのではないか、ということです。

(おかしいというか大変すぎるということですね)

 

そこで、今回の記事では
一般的な60歳の方がどのくらいの資産(貯蓄・貯金)
持っているのかということを調べてみました。

 

「60歳の平均貯蓄額」の金額とは

 

いろんなデータを見比べてみたのですが、
今回内閣府の出しているデータを引用してみました。

 

その結果、
60~70歳の方の
平均的な資産額(貯蓄・貯金)は

「2402万円」

なのだそうです。
(正確に60歳の平均貯蓄額ではありませんが)

 

一方中央値としては

「1592万円」

ということですので、
結構貯金ができていない世帯が多い、
ということがうかがい知れます。

データ引用元(内閣府のサイトです)

 

豊かな老後を送るために必要な貯蓄額

 

通常豊かな老後生活を送ることができる
目安の貯金額(貯蓄額)が「3000万円」
言われていることを考えると、
平均値や中央値がが決して高い数字
ではないことが分かるはずです。

 

しかも、この3000万円というのは
今時点でもらえる「年金」の金額を想定したうえでの
貯蓄額となりますので、年金をもらうのがもっと先になる世代が
60歳になるころには、より大きな資産を形成しておく必要がある、
ということも十分考えられることなのです。

 

ちなみに、この貯蓄額には、
持ち家の評価額は含まれていませんので、
この中でさらに、

住まいが持ち家(ローン残債なし)
住まいが持ち家(ローン残債あり)
住まいが借家(賃貸)

という3パターンに分かれてくるということになります。

 

これって結構重要で、
毎月の生活費がいくらかかるのか、
ということに影響するからです

(家賃を払うか払わないかで、生活費は結構変わりますので)

 

というのも、月に20万円を生活費に費やすと考えると、
老後20年間生きることを考えたら、

20万円×12か月×20年間 = 4800万円

となるわけです。

 

これが30年となったら、

20万円×12か月×20年間 = 7200万円

となるのです。

 

住んでいるのが「持ち家ではない」場合、
家賃が別途かかりますので、月に30万円の生活費を
確保しようと思うと、

30万円×12か月×30年間 = 10800万円

つまり1億円以上のお金がかかることになるわけです。

 

老後で月30万円って贅沢じゃない?

なんて思われるかもしれませんが、
サラリーマンの平均年収が「400万ちょっと」
と考えると、それと同じくらいの生活水準を送る
それくらいの金額であるということなのです。

※税金を正確に考慮していませんが。

 

さらに、豊かな老後を送るために必要な生活費は
月に36万といわれているので、それを考えると、
確保しなくてはいけない生活費は
どんどん大きくなっていってしまいます。

 

これを念のため計算してみると、

36万円×12か月×30年間 = 12960万円

およそ「1.3億円」ほどのお金が必要になります。

 

いやはや、世の中生きるのには
お金がかかるなぁ、、、

ということになるわけです。

 

「60歳時の貯蓄額を増やす」以外の解決方法とは?

 

ここまでネガティブな話ばかりをしてしまいましたが、
実際年金が多少はもらえるでしょうから、
この貯蓄額を貯める必要はありませんし、
一般的な60歳が2400万ほどの貯蓄で生活をしている
わけなので、悲観的になる必要はないわけです。

 

もちろん、その金額では「裕福な老後を送れない」
ということになっていますが、
これって一つ視点を変えれば、
簡単にクリアできることなんですよね。

 

それは貯蓄を増やすのではなくて、
「収入を増やす」ということなのです。

 

収入を増やせば自動的に貯蓄も増える、
ということにもつながるのですが、
あくまで貯蓄を増やすことよりも
安定して入る収入源を増やすことを優先するということですね。

 

もし、60歳時点での貯蓄があまりない場合であっても、
安定した収入源を作っておけば、それをメンテナンスしておくことで、
継続してお金が入り続ける資産を持つことができるのです。

 

1億の貯蓄を作るよりも、
毎月30万入ってくる収入源を作る方がよっぽど簡単ですからね!

ぜひ、60歳時点での貯蓄額を大きくすることも大事ですが、
60歳時点で、自分の労働によらない収入がいくらあるのか、
これを考えてライフプランを設計してまいりましょう。

 

また、私がビジネスの「仕組み」を構築し、
「安定」して「自動収益」をいただいているそのノウハウを
無料のオンライサロンで公開していますので、
良かったらぜひのぞいてみてくださいね ^ ^

⇒ 無料のオンライサロン「Make Your Wings」をのぞいてみる

 

神田翼

 

 

 

コメントを残す