サラリーマンが本名を公開して後悔せずに副業をする方法

先週一週間仕事が忙しく、
お酒を断って見たところ、キツイ思ったのは束の間、

意外と調子がよく、仕事が落ち着いた今週も、
地味にお酒の量がぐぐっと減って、
健康気分でパソコンに向かっております^^

 

さて、どうでもよい前入りから入りましたが(汗)、
今日はサラリーマンの方が副業をする上で、
本名を公開して後悔しない方法を書いて参ります。

 

サラリーマンが副業をする上で、
「会社にばれてしまうのが怖い」とか、
「友人知人に知られるのが恥ずかしい」とか、
「誰にも知られずにこっそりと稼ぎたい」
なんて方もいらっしゃるかと思のではないでしょうか。

 

実際に会社勤めのサラリーマンの場合、
会社の就業規則などで「副業禁止」となっている場合が多く、
会社にばれてしまうのが割と死活問題であったりします。

 

そんな時、会社にばれずに、友人知人にばれずに
副業に取り組む方法があります。

 

1.名前を名乗る必要のない副業をする

まず一番考えられる方法としては、
名前を出さずに取り組める副業を選ぶこと。

 

ほんとに当たり前なほど当り前な方法ですが、
念のため解説をしてまいります。

 

たとえば、今であればアフィリエイトを中心に、
(ブログ運営やyoutube、ツイッター等を使ったのも一時期はやりましたね♪)
その他でも、ヤフオクやamazonなどを活用した物販ビジネス等、
インターネットを使った、ありとあらゆる副業が、
名前を公開することなく取り組めるようになっています

(屋号をつかっても、発送の際などは苗字などを名乗る必要はあるかもしれませんが)

 

しかも、そのノウハウを語りだしたら、
あまりにも大量に、掃いて捨てても捨てきれないほどに、
インターネットの世界に無料で、また有料で公開されています

 

迷われたら、まずはその中から一つだけ手にとってみて、
なりふり構わず取り組んでみれば、良いかと思います。

 

2.名前を少し変えて副業をする

FBなどをビジネスに活用したい、
と考えている方は多数いるかと思いますが、
本名で登録をすると、がっつり友人知人に検索されてしまって、
すぐに副業がばれてしまう、、、。

 

そんな時は、本名を少しだけ変えてみると、
意外と全く検索されなくなります。

 

私であれば、こんな感じで変えてみます。

「神田tsubasa」
「kanda翼」
「kandatsubasa」

 

すると、割と誰だか分かりませんよね???

 

こうすることで、本名をさらすことなく、
(正確にはさらしていますがばれにくい)
副業に取り組むことが可能です。

 

ただし、法人を立ち上げた際の会社概要の「社長欄」
何かの販売をする際の「特商法」「販売責任者」の蘭等、
どうしても普通に名前を書く必要があることがあります。

 

そのときに、「神田tsubasa」なんて名前だと、
ちょっと見た感じ信頼感を得にくいと思います。

 

そんなときには下記の方法を使うことも考えてみましょう。

 

3.ビジネスネームを使って副業をする

神田の昔の仕事仲間でも、
ビジネスネームを使って商売をなさっている方がいました。

 

もともとお水系の仕事をしていたとかで、
本名が悪い方に売れてしまったため、本名で仕事をすると、
ちょっとめんどくさい人たちが現れるとのこと、、、。

 

早々に離れていってくれましたので、
私自身もあまり深入りせずに離れることができましたが、
こういう使い方をせずに済むようにしたいものですね(苦笑)。

 

ビジネスネームで困る時は、
法人の登記や銀行口座の開設時、
不動産の賃貸契約や保険などの契約をする際など、
公的な書類の提出時や、正式な契約を締結する際になるかと思います。

 

じゃあそのときにはどうすればいいのかというと、
本名を出せばよいだけですよね。

 

ホームページなども、何かの審査がある時だけ、
名前の部分を差し替えておけば、
実際にそんなところを見ている人は少数なので、
ばれることなくやり過ごすことができるはずです。

 

ただ、名刺などは複数用意する必要があるので、
うっかり使い間違えたりしないようにだけ
気をつける必要がありますよ。

 

ちなみに、神田の周りでは、
ニックネームやハンドルネームみたいな名前だけで、
大活躍している人たちもいるので、
今のインターネットの普及した時代は、
割と自由自在に副業に取り組む方法などは、
考えてみたら無数にあるわけです。

 

ぜひ「名前が書けないから副業ができない」
などと固いこと考えるのではなく、
柔軟な発想で、会社では味わえない
チャレンジングな世界に挑戦してみてください^^

コメントを残す