スワップアービトラージが出来る証券会社・通貨ペアの探し方

私が実践している
「スワップアービトラージ」を教えてくださった
いわば師匠のような方がいるのですが、その方から先日

「スワップアービトラージが出来る証券会社の探し方」

というテーマでお話をしていただきました。

 

はじめて教えてもらった際に、
ほとんど答えを教えてもらった状態だったのですが、
とある障害があったので、自分なりに工夫をして、
今では取り入れている状態です。

 

とはいっても、実際にこの手法を、
今の証券会社だけで一生涯取り組み続けることは
正直できません。

 

その理由としては、

・その証券会社がなくなる可能性がある
・証券会社がスワップ金利を変更する可能性がある
・そもそも、その通貨の金利が大きく変更される可能性がある

といった事がありえます。

 

しかも、金利は今の世の中の動向としては、
主要通貨はどんどんゼロ金利に近づき、
日本なんてマイナス金利等という、
前代未聞の政策に打って出ています。

 

まぁ、どうなろうと生き残っていく、
そういう術を身に着けないといけない、
そういうことを痛切に感じる出来事でしたね。

 

さて、話戻ると、
詰まる限り、スワップアービトラージは、
ノウハウを持ってして、証券会社という情報をもってしても、
一生涯できるものではないわけです。

 

であれば、自分達にできることというのは、
常にどこかしらの証券会社で、
リスクを分散しながら、利益をコツコツ積み上げていく、
そんなノウハウを身につけておく必要がある
ということなのではないかと思います。

 

スワップアービトラージが出来る証券会社の見つけ方

そこで、証券会社の差益を探す方法なのですが、
実はこれ、思いっきり単純で、
ただただ、

「証券会社のスワップを見比べてみる」

というだけなのです。

 

実際にこの下の二つの証券会社の
スワップの数値を見てみてください。

 

①「DMM.com証券」の「NZドル」の「売り」スワップ(10,000通貨)

SMM

 

 

②「ヒロセ通商」の「NZドル」の「買い」スワップ(1,000通貨)

NZ

 

 

これらを見てみると、
1万通貨のNZドルで取引をすると、

DMM.com証券では-40円のスワップ
ヒロセ通商では+60円のスワップが得られる、

ということなわけですね。

 

1万通貨で取引をすると、
差し引き20円のスワップ
月間で約600円のスワップ
入るということになります。

 

「10万通貨で取引をしたら6000円」
ということですね。

 

もちろん少ないのですが、
何も考えずパソコンをパタパタとたたいてみても、
こんなスワップの差益が見つかってしまうわけです。

 

しかも、これはどちらも同一系統の証券会社になるわけですが、

「高金利のスワップを出しやすい業者」
「低金利のスワップを出しやすい業者」

というのには、実はそれぞれに特徴があったりします

 

それは、

「高金利のスワップを出しやすい業者」では、

マイナー通貨を扱っていることを強みとする業者で、
スプレッドはそれほど有利ではなくて、
スキャルピングのような短期売買を推奨していない業者

といった特徴が見られます。

 

その逆で、

「低金利のスワップを出しやすい業者」では、

低スプレッドを強みとし、
スキャルピングのような短期売買を推奨している業者

といった特徴があります。

 

このヒントを元に、様々な証券会社を
比較検討をしてみると、
結構この差益というものが見つかりやすいかと思います。

 

実際に、この手法を聞いて自力で探した方の中には、
1万通貨で100円ほどのスワップ差益がある業者を見つけた、
なんて方もいたりします。

 

これだけでも年間20%前後は安定して出せますし、
リスク許容度を上げれば、もっと高い利益を出すことも
全然可能なのです。

 

スワップアービトラージを狙いやすい通貨ペア

また、証券会社だけじゃなくて、
スワップアービトラージを狙いやすい通貨ペアというものも
当然に存在しています

 

これは考えればわかることですが、
マイナー通貨な通貨であり、
かつ高金利通貨であること、です。

 

まぁ、高金利通貨となれば、
基本的にマイナー通貨であることがほとんどだとは思いますが、
マイナーな通貨であればこそ、証券会社の取り扱いも様々で、
そこにスワップの差益が見つかりやすい、
ということなわけですね。

 

また、逆にそれを強みにして、
口座開設を誘導するような業者もあります。

 

今でいえばトルコリラ系の通貨ペアが、
比較的高い金利差を見つけやすい通貨となっています。

 

また、今後熱いとされている業者は、
ロシアルーブルや、いまさら感はありますが、
ランド周りの通貨ペアも注目してみてもよいかもしれませんね。

 

こうやって視野を広げて情報収集をしていくと、
必ずスワップの差益のある証券会社と
通貨ペアを見つけることが可能です。

 

ぜひ、焦らずコツコツとリサーチをしてみることで、
お金のなる木が見つけてまいりましょう。

 

ちなみに、神田自身が個人的にこっそりと運用している
「スワップアービトラージ」の実践方法をまとめたマニュアルを作成しました。

下記のメルマガに登録をしていただくとご覧いただけますので、
よろしければぜひご登録ください ^ ^

⇒ 神田翼の会社に頼らず生きていくために

 

 

◆関連記事
・アービトラージ(裁定取引)で資産を増やす方法
・「サヤ取り」投資とは?
・サヤ取り投資の対象とすべき「相関性の強い」金融商品とは?
・アービトラージが減りゆく中でも「市場のゆがみ」を見つける思考方法
・イベントアービトラージシステム(口座内運用)の破たん、人に任せる投資はやめよう
・スワップフリー口座が突然閉鎖、「ZAR FX」が口座残高をゼロに
・スワップアービトラージ用「低スワップ口座」の検証スタート
・スワップアービトラージ 新口座での検証その後

 

神田翼メールマガジン

【 神田翼 公式LINE@ 無料登録 】

インターネットだけで稼ぐノウハウや、会社に頼らない収入の作り方、実践して初月からノウハウや仮想通貨をノーリスクでかつ無料で手に入れるノウハウ等、有益な情報を配信しています ^ ^




【スワップアービトラージ実践マニュアル】


FX未経験者でも「実践初日」から、 毎日毎日「日給」のような利益が出る 「スワップアービトラージ」の実践マニュアルを 「無料」でお配りしています^^

コメントを残す