スワップアービトラージ用「低スワップ口座」の検証スタート

先日のスワップフリー口座の停止を受けて、
⇒ スワップフリー口座が突然閉鎖、「ZAR FX」が口座残高をゼロに

新しい口座のリサーチをしておりましたところ、
スワップが非常に小さな口座の発見をしました。

 

正確に言うと、スワップアービトラージ仲間の方から
情報をいただいた、という方が正確ですが(笑)。

 

高スワップ口座のおよそ10分の1程度のスワップなので、
実質90%ものスワップがそのまま入ってくるということになります。

 

低いスワップレートを提供してくれる業者というのは、
インターバンクのレートに対して、業者の手数料を乗せないことで、
低スワップレートを実現しているということなのだそうです。

 

「それって、自分でFXブローカーを作ればよいのではないか???」

 

等というふとした疑問も頭をよぎりましたが、
FXブローカーを運営している方からこのような話を聞くこともなかったので、
きっとそれほど実現性の高いものでもないのだろうと、
今は関心をそれほど感じずに据え置いてまいりました。

 

とりあえず、今週は準備をしておりましたので、
次週から検証をスタートしていこうと考えています ^ ^

 

検証結果については、このブログでアップをしていくか、
それとも以下のURLからご登録をくださった方にだけ、
こっそりをお教えするかもしれません。

⇒ 神田翼の会社に頼らず生きていくために

 

しかし、スワップアービトラージ自体には
知識も経験も何も必要がなく始められるが故、
これがなくなった瞬間に何にも手元に残らないということも
頭に置いておかないといけないですね。

 

この経験が何かに生きるかといえば、
FXが少しばかり詳しくなる程度で、
こんな甘い甘い手法に頼っていただけであれば、
通用しなくなった後は、まったくもってお金が稼げなくなるわけです。

 

あくまで鞘が開いている「期間限定」の投資手法であることを
常に頭の片隅に置いておいて、新たな収入源を作り上げること、
これを忘れずに取り組んで行く必要があります。

 

もちろんこの考え方を別の分野に当てはめて、
取り組んでみるということは非常に有効かもしれません。

 

他の金融商品や、他に価格のつくもので、
鞘が開くものがないのか、それをどうやったら売買できるのか、
といった横に展開をしてみると新たな収入源は、
実は簡単に見つけることができるかもしれません。

 

スワップアービトラージに取り組む一方で、
このことを常に考え、頭に汗をかいておくと、
なくなった後にも食べていける知恵と経験、スキルが身につくはずですね ^ ^

 

追伸:

その後の検証の結果、神田自身が現在個人的にこっそりと運用している
「スワップアービトラージ」の実践方法をまとめたマニュアルを作成しました。

下記のメルマガに登録をしていただくとご覧いただけますので、
よろしければぜひご登録ください ^ ^

⇒ 神田翼の会社に頼らず生きていくために

 

 

◆関連記事
・アービトラージ(裁定取引)で資産を増やす方法
・「サヤ取り」投資とは?
・サヤ取り投資の対象とすべき「相関性の強い」金融商品とは?
・イベントアービトラージシステム(口座内運用)の破たん、人に任せる投資はやめよう
・スワップアービトラージが出来る証券会社・通貨ペアの探し方
・スワップフリー口座が突然閉鎖、「ZAR FX」が口座残高をゼロに
・アービトラージが減りゆく中でも「市場のゆがみ」を見つける思考方法
・スワップアービトラージ 新口座での検証その後

コメントを残す