「金銀アービトラージ」金と銀を用いたアービ?サヤ取り?

巷に売っている相良さんというトレーダーの方が出している
「金銀アービトラージ」とう商材を買ってみました。

 

「アービトラージ」

と聞いたら黙っているわけにもいかず、
興味津々で買って中身を見てみてました。

 

やはり、

「情報にお金を投資する」
「ノウハウにお金を投資する」

というのはいわゆる自己投資となりますし、
実際にノウハウを入手したのであれば、
知識として頭に入れておくだけでも意味があるでしょうし、
実践をすればなおさら価値があるというものです。

(内容次第ですが)

 

そこで、こちらの「金銀アービトラージ」の中身を拝見すると、
タイトルの通り、金と銀を対象とするアービトラージによる
トレード手法が書いてあるわけなのですが、
単純に書いてある通り、金と銀の相関性を用いて、

二つの価格がかい離したときに両建てをしてエントリーとして、
そのかい離が小さくなった時に決済をして利益確定をする

というシンプルな手法でした。

 

アービトラージのトレード手法とすると、
単純にそれしかありませんので、
そのエントリーとイグジットにノウハウがあるのですが、、、。

 

エントリーはいつでも良いのだそうです、、、???

 

相良さん独自の「金銀レシオ(金と銀の価格の比率)」を用いて、
かい離の行き過ぎ、かい離の正常値、というものを割り出し、
それを参考に取引をする、ということなわけです。

 

相良さんはこの手法で利益を上げていらっしゃるということなので、
この手法のエントリーイグジットのルールをお持ちなのかと思いますが、
それをあえては公開していません。

 

これは昨日更新した記事でも書いた内容と同様に、
みんなが勝てるルールを公開してしまうと金融業界として
困るため、ある一定の遊びを設けておく必要がある、
ということなのかもしれませんね。

 

昨日更新をした記事はこちらからご覧いただけます ^ ^

⇒ 「勝率99%」お金が増え続ける自動売買ソフトはつぶされる?金融業界の闇

 

しかし、イメージとしては、とある適正な価格の商品があって、
下がったときに買って、上がったら売る、
考え方としては、これを繰り返しているだけ
というだけのことですね。

 

ただし、この考え方は一見安全確実な投資に見えますが、
相場というものは行き過ぎるものなので、

「適正な価格がこれくらいだから今は安くなったなぁー」

と思って買ってみたら、もっと安くなった
ということは日常茶飯事に起こりうることなわけです。

 

その場合は損失になりますので、
アービトラージというとはいえ、
「ノーリスクではない」ということを理解して
取り組む必要がありそうですね。

 

そして、アービトラージというよりは、
「サヤ取り投資法」ロングショート戦略に近いのかなと感じました。

(なので、相良さんのルールも
あまり奇跡めいたことは言ってはおらず、
まっとうなことをまっとうに言っている、という印象でした)

 

※さやどり投資についてまとめた記事はこちらから

⇒ 「サヤ取り」投資で資産を増やす方法「サヤ取り」と「アービトラージ」の違いとは?

 

というわけで、
「金銀アービトラージ」の中身を拝読いたしました結論としましては、

金と銀という相関性のある2つの金融商品を用いた
「金銀アービトラージ」は有効な手法ではあるけれども、
アービトラージという単語の意味するような
勝率100%を目指すことができるような
裏技的な手法ということではありません。

 

その代わり有効な手法として
使いこなすことができれば、
十分な利益を上げることができる可能性を秘めた手法である
ということができるのではないかと思います。

 

金銀アービトラージについて、実践者の方から聞いた
有効なノウハウをこの記事の中でも話しています ^ ^

⇒ 金と銀を使ったアービトラージで儲けることはできるのか?

 

また、神田自身が個人的にこっそりと実践している「スワップアービトラージ」の
取引方法をまとめたマニュアルを作成しました。

下記のメルマガに登録をしていただくとご覧いただけますので、
よろしければぜひご登録ください ^ ^

⇒ 神田翼の会社に頼らず生きていくために

 

 

【その他の関連記事】
・アービトラージ(裁定取引)で資産を増やす方法
・「サヤ取り」投資とは?
・サヤ取り投資の対象とすべき「相関性の強い」金融商品とは?
・イベントアービトラージシステム(口座内運用)の破たん、人に任せる投資はやめよう
・スワップアービトラージが出来る証券会社・通貨ペアの探し方
・スワップフリー口座が突然閉鎖、「ZAR FX」が口座残高をゼロに
・スワップアービトラージ用「低スワップ口座」の検証スタート
・スワップアービトラージ 新口座での検証その後
・アービトラージが減りゆく中でも「市場のゆがみ」を見つける思考方法

 

コメントを残す